新長田

新長田再開発ビル「アスタくにづか3番館」の鰻老舗専門店の西村川魚店が年に一度の半額祭を開催 本日12月4日まで

新長田の再開発ビル・アスタくにづか3番館の地下1階にある川魚料理専門店の西村川魚店は昭和37年創業の老舗です。鰻の蒲焼を中心に川魚料理を販売していますが、フレンドリーな3代目に代表が変わってからイベント開催やSNS配信、広告、メディア戦略など、積極的な営業活動で売上も鰻登りのようです。



個人的にも時々お世話になっている鰻専門店ですが、何と言ってもその味・質の高さが際立っています。そんじょそこらの鰻屋さんより遥かに美味い鰻を提供しています。これまではテイクアウト専門でしたが、昨年にはイートインができる「鰻食別邸」がオープンしました。



そんな西村川魚店が昨年?から始めた半額祭り。今年も12月3日・4日に開催され、特に今回は創業60周年という事でかなり気合の入ったお祭りになりました。



昨年は殆ど並んだ記憶がありませんでしたが、今年は午前の時間帯でもうこの行列!通じて5,000円近くしている極上蒲焼が半額ですから訳もありません。飛ぶように蒲焼が売れて行きます。



店頭ではご主人がひっきりなしに鰻を捌いていました。大量に焼かれる鰻の香ばしい香りと列につられて並んでしまう人もいたのではないかと思います。



そして持ち帰った鰻。いつもと変わらず大ぶりで肉厚です。今回は鹿児島産のようでした。



魚沼産コシヒカリの新米でうな丼にしてみました。少し柔らかめに蒸して食しましたが美味で並んだ甲斐がありました!

本日も開催されているので、新長田に立ち寄る機会があれば是非おススメです。



アスタくにづか3番館も地下1階のダイエー跡に人気スーパー・ロピアが開店してからは、多くの人々が訪れるようになりましたが、この集客力を他のテナントにも上手く行き渡らせるには至っていないようです。やはり西村川魚店のように積極的な工夫が必要ですが、これには若い経営者の知恵が必須です。人気店の誘致だけに留まらず、これに回遊性をどう結び付けるか。これが奏功すれば、再開発ビル内の空テナント対策は大きく前進する筈です。また若い経営者への出店アピールや支援も必要でしょう。

https://d-nishimura.com/
西村川魚店

関連記事
新長田

(仮称)神戸市新長田駅南プロジェクト 「ファインレジデンス神戸新長田(ASMACI神戸新長田プロジェクト) 竣工に向けて外観現す

2022年10月29日
こべるん ~変化していく神戸~
新長田駅前再開発地区に残された最後の未開発用地の一つで建設工事が進められてきた(仮称)神戸市新長田駅南プロジェクトはミサワホームの「 …
イベント

神戸ウォーターフロントアートプロジェクトに映画「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」の映像をポートタワーに投影開始

2022年12月5日
こべるん ~変化していく神戸~
この冬公開予定の話題のハリウッド映画「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」のプロモーションの一環として、神戸ウォーターフロントアート …
新長田

(仮称)神戸市新長田駅南プロジェクト 「ファインレジデンス神戸新長田(ASMACI神戸新長田プロジェクト) 」地上躯体の構築が進行中

2021年12月10日
こべるん ~変化していく神戸~
JR新長田駅の南西に位置する「大橋7第2工区」は、神戸市新長田駅南第2-C地区震災復興第二種市街地再開発事業が進められています。ミサワホ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です