雲井通5・6丁目再開発

新・三宮バスターミナルは国営施設に 国交省の主導でバスタ整備を全国で強化 年度末までに事業計画案はとりまとめられるか?

bustabuild01.jpg

雲井通5丁目再開発事業によって建設が予定されている超高層複合ビルの低層部に開設されるバスターミナルですが、この床を国土交通省近畿整備局が建物の完成後に再開発株式会社より取得し、同省が直轄して運営する方針である事が分かりました。これまでもこのバスターミナル整備と中央幹線/国道2号線周辺の再整備計画には同省が深く関与し、神戸市と検討を重ねてきました。最近の事業計画の検討結果は同省と同市が共同発表する機会も増えました。神戸市が産学連携下で「未来型の駅前空間の創出」を目的とした整備方針を検討していますが、今年度内にとりまとめを完了する予定としており、タイムリミットが残り2週間と迫っています。

bustabuild05.jpg

2016年に開業した日本最大規模のバスターミナルである「バスタ新宿」は国交省関東整備局が主体となって整備したもので、今後、国交省は全国に大規模バスターミナルの新設・展開を主導していく方針です。三宮のバスターミナル計画はそんな同省の思惑の中において、タイミング的にも規模的にも最適なプロジェクトとなりました。今回の三宮のターミナルのように国交省が直轄するだけでなく、全国の地方の拠点都市においてバスターミナル整備を促進させる為、民間参入を促す制度を創設する方針を固めました。


同省はバスターミナルビルの民間運営企業が施設内に賃貸床を設け、テナント料を得られるようにする為、道路法改正案を国会に提出し、20年度には制度を活用できるようにする方針です。今や品川駅前と三宮は国交省の国道を活用したバスターミナル展開事業のリーディングプロジェクトとしてを紹介されるに至った国家事業となりました。



神戸市はこのプロジェクトが国直轄になる事を当初から想定していたのでしょうか。構想策定時のアドバイザリー公募では名だたる企業連合が参加するコンペになり、その注目度の高さが示されましたが、当時より水面下で は国の関与が見え隠れしていたのかもしれません。今年度の神戸市予算案に三ノ宮駅南側の駅前広場再整備の都市計画決定やJR新駅ビルの名が記載されたのは国交省の動きが表立ってきたからかもしれません。コロナウイルスの感染拡大防止を受けて「第3回 国道2号等神戸三宮駅前空間整備事業計画検討会」を書面会議に変更しました。この結果が年度内に取りまとめを予定していたバスターミナルを含む整備計画の具体化に影響無き事を祈り、年度末まで待ちたいと思います。

関連記事
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 最新図面から読み解く再開発ビルの詳細 Part1

2024年1月9日
こべるん ~変化していく神戸~
昨年9月に起工式を執り行い、現在既にビル本体の建設工事が進行中の神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。昨年末に、再開発ビル …
雲井通5・6丁目再開発

雲井通5・6丁目再開発 三宮バスターミナルビルの事業協力者の優先交渉権者に三菱地所グループが決定!

2018年9月12日
こべるん ~変化していく神戸~
遂に来ました!雲井通5丁目地区再開発会社及び神戸市はプレスリリースにて同地区の再開発事業の民間事業協力者優先交渉権者に、三菱地所を代表とする …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 勤労会館は完全消滅 サンパルや東横INNも半分の規模に縮小

2023年3月18日
こべるん ~変化していく神戸~
サンパルを皮切りに街区内の既存建物解体撤去が開始されてから約10ヶ月が経過した神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業の事業地 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 残る工期3ヶ月で既存建物消滅のカウントダウン開始

2023年4月13日
こべるん ~変化していく神戸~
7月からビル本体の建設工事に着手する為、解体工事は残り3ヶ月となった雲井通5丁目再開発プロジェクト。最後に解体を開始した旧中央区総合庁舎 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸市文化スポーツ局が文化大ホールと三宮図書館の移転とその概要について発表 雲井通5丁目バスターミナルI期ビル

2024年5月25日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市文化スポーツ局は、雲井通5丁目で建設の進むバスターミナルI期ビル内に整備する文化ホール及び三宮図書館についての概要を突如、発表 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 遂に旧中央区総合庁舎も白箱化 その他の建物も縮小化が続く

2023年2月21日
こべるん ~変化していく神戸~
今年7月の着工に向けて、着々と街区内既存建物の解体が進む雲井通5丁目の再開発地区です。サンパルも上層階からどんどん縮小し始めていますが、 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 9月7日(木)に起工式を開催 いよいよ再開発ビル本体の建設本格着工!

2023年9月6日
こべるん ~変化していく神戸~
昨年の5月よりサンパルの閉館と内部解体から開始された雲井通5丁目の大規模再開発プロジェクトがいよいよ次の段階に入ろうとしています。  …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 サンパルに続いて勤労会館の解体撤去工事にも着手 東横INN閉館を待って街区全体の解体開始

2022年8月25日
こべるん ~変化していく神戸~
大林組の施工により、サンパルの本格的な解体が開始されている雲井通5丁目の大規模再開発プロジェクト。地上32階・高さ164mの超高層複 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です