市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)新中央区総合庁舎他建設工事 鉄骨工事は9階付近に達する

超高層ビルの建設のように2機のタワークレーンで鉄骨建方が進められている新中央区総合庁舎の建設工事。鉄骨の躯体が大きくなるにつれ、建物の存在感とタワークレーンの高さが増してきています。

 

プロジェクト概要

(仮称)新中央区総合庁舎建設工事



所在地 神戸市中央区江戸町97-1ほか
事業者 神戸市行財政局
敷地面積 3,597.22㎡
建築面積 1,880.71㎡
延床面積 19,341.98㎡
階数 地上13階 地下1階
用途 事務所、集会場、駐車場
建物⾼さ 52.78m
構造 鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
設計者 日本設計/神戸市建築住宅局
施工者 大林組・神鋼興産建設JV
竣工予定 2022年6月30日

旧居留地の街並みに調和するデザイン



建物低層部は、歩道と一体となった歩廊状のオープンスペースや1階ロビーの様子が見渡せるガラス張りの大開口、石貼り風の外壁仕上げなどにより、旧居留地の街並みに調和する開放的で上質なデザイン。

水平性を強調した落ち着きのあるデザイン
中高層部は、外部吹抜と重層したデッキにより、日射負荷の軽減と内部からの眺望を両立させた、水平性を強調した落ち着きのあるデザインとし、向かい側の市役所1号館との色彩的な調和にも配慮。

自然の潤いや温かみを感じられるデザイン



デッキの軒裏には木材を使用し、低層部の軒先や屋上では緑化を行うなど、都心のオフィス街で自然の潤いや温かみを感じられるデザイン。





建設状況の様子



鉄骨工事は基壇部から中上層部へと移行しており、徐々に完成時の建物のボリューム感が把握できるようになってきました。



鉄骨最高部は現在、地上9階付近にまで達しています。



地上正面からはセットバックした中層部はまだ大部分が基壇部の影に隠れていますが、更に成長すると、もう少し上部の存在が顕著になります。



ただ全体設計でなるべく通りへの圧迫感を抑えるようにデザインされているのか、5階までの基壇部がファサードとして目立ち、それより上の階は姿を潜めているような建物になる可能性が高いです。



年内に鉄骨工事を終えて、内外装の仕上げを進め、ゴールデンウィーク前には外観が完成するようなスケジュールで今後は展開していくのではないかと思います。その間、向かいの2号館の敷地では連絡ロビー・エネルギー施設が着工し、新庁舎・集客施設の建設・運営事業者が決定する事になります。

関連記事
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)新中央区総合庁舎他建設工事 鉄骨建方が敷地全体で進行 基壇部のピロティも構築が始まる

2021年7月22日
こべるん ~変化していく神戸~
地上躯体の建設工事が本格化した(仮称)新中央区総合庁舎他建設工事。大林組のオレンジマストが特徴的な2機のタワークレーンで鉄骨工事を進 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です