阪神高速湾岸線西伸

大阪湾岸道路西伸部(六甲アイランド北~駒栄)が遂に起工!





長年の夢の構想が実現に向かって遂に始動しました!阪神高速株式会社が12月22日(土)に国土交通省近畿地方整備局、兵庫県、神戸市と共催で六甲アイランドの神戸ファッションプラザにて阪神高速5号大阪湾岸線西伸部の起工式を開催しました。

約10年後の2030年の開通を目処に六甲アイランドと駒栄を結ぶ14.5kmの海上道路の建設工事が開始されます。総工費は5000億円に上る国家プロジェクトです。



六甲アイランドとポートアイランド間の3km及びポートアイランドと和田岬間の1kmは斜張橋によって結ばれる事が結論付られましたが、その形状についてはまだ幾つかの候補が挙げられているようです。

この二区間に架橋される斜張橋は「みなと神戸に相応しい世界に誇れる景観の創造」のコンセプトを司る存在となります。



六アイとポーアイ間では4本から成る各主塔間の距離を最大650mに設定し、国内最大規模となる約2.7kmの連続斜張橋で結ぶの案と2本の斜張橋を分けて結ぶ単独斜張橋案の2案が検討されています。



またポーアイと和田岬間は1主塔と2主塔の2案が検討されています。検討では1主塔案を推奨するような報告となっています。1主塔の場合、主塔の高さは205mに達し、ランドマーク性は高いですが、橋の景観的なバランスから考えると、個人的には2主塔案を推したいです。

出典:http://www.port-of-nagoya.jp/shokai/kohoshiryo/1001907/1001943/1001964.html

連なる斜張橋と言えば名古屋港に架かる名港トリトンが有名です。伊勢湾岸道路を構成し、名港西大橋、名港中央大橋、名港東大橋の3つの斜張橋がダイナミックに連続します。ただ厳密に言えば名港トリトンは連続斜張橋ではありません。しかし道路から眺める雄大な名古屋港の様子やその背後に広がる名古屋市街、そして都心部までを見渡せる眺望は素晴らしく、また3つの大橋が連なる景観も昼夜を問わずダイナミズムを感じさせます。

阪神高速湾岸線にはすでに東神戸大橋という美しい斜張橋があります。この橋も美しく橋上から見渡す東灘~灘区の市街地が六甲連山の中腹まで広がる様子は国内でも有数の名景です。更に東に進むと大阪港のベイエリアを横断しますので、大阪の都心部に連なる高層ビル群のスカイラインを背景としたウォーターフロントの観光施設群が点在し、今後は夢洲の開発が進めば、更に圧巻な景観が広がる事になるでしょう。



神戸でも西伸部が開通する頃には三宮やウォーターフロントの再開発が一程度進み、湾岸線から眺める都心部の景観はより厚みのあるものになっているはずです。物流や交通インフラ整備が主目的ではありますが、大阪から神戸に掛けて長距離に渡った阪神エリアの素晴らしいドライブコースが昼夜で楽しめる世界に誇れる観光資源としても期待できそうです。

万博の開催される2025年までに六甲アイランド-ポートアイランド間の部分開通を目指し、神戸空港の国際化も合わせて進め、関空と神戸の双方から万博とIRをサポートする東西湾岸整備体制を築き上げておく事が必要でしょう。そうなれば神戸空港島やポーアイの一部もホテルや商業施設の整備の対応が迫られる可能性が出てくるでしょうし、都心部でも更にグレードの高いホテルが必要になってくるでしょう。

明日には関西3空港懇談会の開催が控えています。全ての要素のタイミングが絡み始めています。この最後の好機に無駄な規制導入を行う事に時間を費やしたりせずに、2025年までの6年間に出来る得る全ての事を全力投球で具現化しなければなりません。

関連記事
阪神高速湾岸線西伸

国土交通省が2021年度予算配分発表 名神湾岸連絡線事業化前進と大阪湾岸道路西伸部の橋梁工事を遂に開始!

2021年4月4日
こべるん ~変化していく神戸~
国土交通省が全国を対象とした2021年度予算の公共事業費の配分を発表しました。近畿地区での事業において存在感を現した事業は兵庫県下で …
阪神高速湾岸線西伸

「地域活性化拠点の基本コンセプト検討業務」に係る公募型プロポーザルを実施 湾岸線西伸に伴う賑わい拠点整備

2019年8月24日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は「地域活性化拠点の基本コンセプト検討業務」に係る公募型プロポーザル実施を広告しました。これだけだと何のプロポーザルなのか全く分か …

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    ポーアイ=六アイ間の斜張橋は一主塔2本高さ235m案もありましたね。ヴィーナステラスからの眺望規制は本当に意味がないですね。この計画を知って突如、再び規制案が出たのでしょうね。

  2. うぃちた より:

    個人的には単独斜張橋案が好ましいかなと
    市中ができるところにPAを設置して展望台としての活用ができると嬉しいです。
    あとは神戸空港の機能拡張次第ですがポートアイランド西ランプあたりから神戸空港に分岐する支線も作って欲しいところです。

  3. suma より:

    新たな道路と神戸の素敵な景観(橋)ができるのを嬉しく思います。ただ、六アイから駒ヶ林南あたりまでは住宅地は通らないようですが、より西部を見ると、この道路は須磨海岸を通るのですね。そこらへんは地元の了承は得られているのでしょうか?海水浴場に高速道路という景色は考えたく無いですが。

  4. suma より:

    すみません、次の投稿を読んだら
    須磨海岸に高速道路が通るので水族園や須磨海岸の集客力がアップすると書かれていましたね。

  5. 匿名 より:

    須磨海岸部は地下トンネルになるので大丈夫だとおもいます。なのではやく垂水まで全開通させてほしいです。

  6. たっこりん より:

    湾岸線の西進プロジェクト、神戸の街中からの海側景観をより格好良くしそうでたまらんですね!
    何も知らない素人ですが、個人的には一主塔型が良いですね。少しアンバランスな感じもしますが、一つの主塔は印象的!
    名古屋や横浜や(共に大好きな街ですが、)共に橋があるのは中心部から離れていて、多くの人が目にする橋は結構沖合にある感じ。それはそれで壮大で良いのですが、神戸には他の大都市にない六甲山からの海側展望があり、横に長ーく連なる西進部は格好良いけど「少し目を惹く」左右非対称の一つの主塔を携える橋は良いアイコンになるかと夢想します。
    半沢直樹で息抜きのように出ていたあのパノラマも変わっていくんですねぇ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です