ライトアップタワーズ

夜の三宮中央通りを愛でる 新築建物や新スポットも夜間景観の魅力アップに貢献



三宮中央通りは神戸の都心部でも高規格の建物が多く立ち並び、オフィスビルや商業施設、ホテルが連続する商業地区として、目抜き通りの役割を果たしています。ここ数年は暫定利用されていた土地の開発や建て替えも相次いで進められており、通りのグレードアップが図られています。



ダイワロイネットホテル神戸三宮は店舗の入る1-2階の低層部の柱や梁を暖色系の照明でライトアップ。



向かいの関電不動産神戸三宮ビルは1階と2階の間の庇と頂部に照明演出を施しています。



生田ロードと三宮中央通りのコーナーを占めるラティス三宮は外壁に複数のライン照明を取り付けて洒落た雰囲気を醸し出しています。



生田ロードの西側にはホテルケーニヒスクローネ神戸やカミネ越しの大丸神戸店等、煌びやかな建物が立体感を持って並ぶ様子が美しいです。



ホテルケーニヒスクローネはそのデザインや照明演出も日本離れした雰囲気が漂います。



セントモルガンチャーチも美しいライトアップによって引き立っています。



賑わい拠点としての三宮プラッツもようやく本領を発揮始めた模様です。ライトアップされた新スポットは、音楽イベントが開かれていました。



大屋根は光を反射してプラッツ内の明かりを幻想的に演出。



これからの季節は過ごしやすい秋の夜長が楽しめるイベントの開催も予定されているものと思われます。三宮の夜景は着実に進化とグレードアップを遂げつつあり、今後も更にその魅力を増していく事になるでしょう。

関連記事
須磨水族園

神戸須磨シーワールド・SUMA SEASIDE PARK周辺の夜景 エリアは昼も夜も賑わうエンタメ・レジャーゾーンへと大きく生まれ変わる

2024年6月11日
こべるん ~変化していく神戸~
開業した須磨海浜公園内の神戸須磨シーワールド。オープンから大変な人気で、当日券の発行を制約しているにも関わらず、1日でドルフィンショ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です