芦屋

地域探訪: 芦屋・JR芦屋駅改良工事 既存駅舎の一部改良完了 供用が開始される



JR芦屋駅の改良工事は全体の完成は2024年を予定していますが、まずI期部分の完成は今春を目指しているようです。この事業はJR西日本と芦屋市の官民プロジェクトとして進められています。

プロジェクト概要

JR芦屋駅改良工事



事業者 西日本旅客鉄道
所在地 芦屋市船戸町1119-1他
敷地面積 22,043.55㎡(全体)
建築面積 1,384.34㎡
延床面積 1,393.55㎡
規模 地上3階
建物高さ 14.961m
構造 鉄骨造
用途 駅舎 店舗
設計 西日本旅客鉄道 一級建築士事務所
施工 大鉄工業
完成予定 2024年3月31日

リニューアルの内容
  • エスカレーター新設(各ホームに上下1基ずつ計4基、北口・南口へ上下1基ずつ計4基)
  • 南口エレベーター移転(増築駅舎内へ新設)
  • 駅コンコース改修(増築駅舎内には幅員約6mのコンコースを新設)
  • トイレの拡張および改修
  • みどりの窓口、改札の移転および改修
  • 店舗開発




建設状況の様子



新たに建設された橋上駅舎の東西の両サイド部分は足場も撤去されて外壁が現れました。駅舎らしいシンプルな外観です。



既存の橋上駅舎と連結しています。



既存のコンコース内では工事エリアが広がりますますカオスな状態になっています。稼働しているエリアはこれまでの半分程の面積です。



既に既存駅舎内の改良が完了し、供用開始されているエリアも登場しました。以前は駅務室だった部分が券売機エリアと通路に変わりました。



その奥にはみどりの窓口が開設されました。



この通路は新橋上駅舎にそのまま直結する事になるかと思われます。壁の質感や色調からシックな雰囲気で仕上げられてくるようです。



あと2ヶ月程でどこまで仕上がるのでしょうか。現状ではまだまだ工事が終わる気配は見えません。



改札内コンコースのトイレが改修に入った為、改札外の店舗跡に仮設トイレが設置されました。



既存駅舎も完全に新築部分と遜色無い程にリニューアルされる事でしょう。

JR三ノ宮駅も新駅ビルの建設時にはこの規模での駅舎の完全リニューアルが行われるでしょうか。



駅南側の再開発は未だに停滞中ですが、駅舎の改良工事は着々とその歩みを進めています。やはり都市の玄関口のリニューアルは非常に重要です。JR神戸線は駅舎改良や橋上駅の新設が続いており、既に多くの駅が綺麗に生まれ変わっています。ただ三ノ宮駅より西側の駅ではあまり改修が進んでおらず、東西格差が生じています。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です