元町

兵庫県私学会館建て替え計画 シエリア神戸元町新築工事 会館の鉄骨建方開始 県庁再整備の行方は?

JR元町駅前北側の兵庫県私学会館の建て替えと敷地内余剰地を活用して、分譲マンションを建設する再開発プロジェクトが、関電不動産開発によって進められています。この土地活用方法は非常に優れていると思いますが、私学会館側が持ち込んだのか、それとも関電不動産開発が提案したのか。同様の手法で、三菱地所レジデンスが小野八幡神社の開発を進めました。今後、都心内で敷地に余裕のある土地を複合活用する動きは活発になるものと思われますが、マンションに充当できる面積は限定されています。

プロジェクト概要

兵庫県私学会館建て替え計画


事業者 関電不動産開発
所在地 神戸市中央区北長狭通4-3-10、11、12
敷地面積 1,684.60㎡
建築面積 767.69㎡(内マンション棟450.66㎡)
延床面積 7,344.59㎡(内マンション棟6,062.39㎡)
階数 地上18階
用途 共同住宅(65戸) 事務所
構造 鉄筋コンクリート造(マンション棟)
設計者 IAO竹田設計
施工者 鍛冶田工務店
竣工予定 2023年8月下旬

シエリア神戸元町物件サイト









建設状況の様子



住宅棟のシエリア神戸元町の躯体構築工事が進められてきましたが、敷地西側のオフィス棟である新私学会館の鉄骨建方も開始されました。



立地としては、解体された旧会館と同じ位置に新会館が建設されています。ただ会館の規模は縮小します。貸会議室や研修スペース等は大きく面積を削られるものと思われます。



オフィス棟の規模は地上4階。全国各都市にある私学会館はいずれも貸会議室を持ち、このレンタル料で収益を上げているようです。新会館には旧会館にあったような名物レストランは出店するでしょうか。



都心の駅前立地ながら閑静な商住混在がこのエリアの特徴です。今は保留になっている兵庫県庁を基点とした再開発が動き出すと、元町駅北側のポテンシャルや人の流れは大きく変わる可能性があります。このエリアにも波及するでしょう。斎藤知事は財政健全化を唱え、県庁建て替えを白紙に戻しましたが、周辺一帯の賑わいを高め、民間投資を呼び込んで予算を縮減した新たな計画策定を目指すと意気込みました。しかし未だ具体的な検討の動きは見えません。



シエリア神戸元町の販売戸数も50戸を超えて、完売に近づいています。

界隈には駐車場も多く点在し、開発用地は豊富です。県庁周辺の再整備と共に元町駅舎改良と利便性の向上、駅前再開発がセットで行われると新たな都心拠点として、神戸の活力底上げに貢献する事になります。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. こうべっこ より:

    いつも楽しく拝見しています。このマンションは私学会館のごく一部をマンション側にめり込ませることで、容積率上限を転嫁し、タワマン規制によって制限された容積率を引き上げています。そういったことも、会館の規模縮小の要因と思われます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です