三ノ宮・布引町ビル

(仮称)神戸三ノ宮・布引町ビル新築工事 本格着工に向けての準備段階に入る フラワーロードのホテル集積が加速



JR三ノ宮駅北側・フラワーロード沿いの布引町4丁目で計画されている(仮称)神戸三ノ宮・布引町ビル新築工事。コインパーキングとして暫定利用されていた土地ですが、保有者の大阪共栄信用組合が同組合の支店とホテルから構成される地上18階建ての複合ビルの建設工事に乗り出しました。9月末にはパーキングを閉鎖し、着工準備を開始していましたが、いよいよ本格的に工事が始まるようです。

(仮称)神戸三ノ宮・布引町ビル新築工事



所在地 神戸市中央区布引町4丁目320番2号
事業者 大阪協栄信用組合
敷地面積 約643.42m2
建築面積 約363m2
延床面積 約5,335.90m2
高さ 59.9m
構造 鉄筋コンクリート造
規模 地上18階
用途 ホテル 事務所
設計 株式会社日創アーキテクト
施工
着工予定 2022年10月4日
竣工予定 2024年11月29日





パーキング設備の撤去が終わった後、しばらく工事は保留となっていましたが、アスファルト舗装が全て撤去されて、砂利になりました。また簡易フェンスで敷地を囲っています。これから本格的な仮囲いが設置される事になります。



敷地は変形L字型の旗竿地です。竿の下の部分・南側はタワーパーキングが建設される予定です。



ホテルには東横インが出店する計画です。雲井通5丁目の「神戸三ノ宮2」が再開発事業の始動で閉館しましたが、この布引町への出店で再び神戸市内の出店数を5棟に戻す予定です。パースからの目算で客室数は270室程になるものと思われ、市内最大の東横インになる事は間違いありません。



フラワーロードは何気にホテル出店数が市内でも最も多い大通りです。

 

remmプラス神戸三宮
スーパーホテル神戸
ユニゾイン神戸三宮
グリーンヒルアーバン
ANAクラウンプラザホテル神戸

これらに加えて今回の布引町4丁目の東横イン、そして市役所2号館跡にも外資系五つ星ホテルの出店が計画されており、合計7軒となる予定です。加納町交差点のUR布引ビル跡地の再開発にもホテルが出店する可能性もあります。



このホテルの開業時期は25年の初頭から春に掛けてのタイミングかと思います。時期的には神戸空港の発着上限緩和や国際チャーター便の就航が開始される年。神戸のホテル需要も再び上向いていく可能性が高い中、ビジネスホテルの新規開業はコロナ禍で落ち着き、高級ホテルにシフトする傾向にありますが、このホテルを筆頭に再度、増加するのかどうか。今後の動向に要注目です。

関連記事
三ノ宮・布引町ビル

(仮称)神戸三ノ宮・布引町ビル新築工事 新たな東横インが2024年11月に進出予定 大阪協栄信用組合店舗との複合ビル建設へ

2022年2月14日
こべるん ~変化していく神戸~
JR三ノ宮駅北側で(仮称)神戸三ノ宮・布引町ビル新築工事として計画されている布引町4丁目の複合ビルプロジェクトは土地保有者である大阪協栄 …
三ノ宮・布引町ビル

(仮称)神戸三ノ宮・布引町ビル新築工事 遂に布引4丁目の再開発プロジェクトが始動!ホテル+事務所の複合ビル建設

2022年2月8日
こべるん ~変化していく神戸~
旧代々木ゼミナール神戸校のフラワーロードを挟んで向かいとなる布引4丁目は2015年に大阪の不動産会社であるセントラルシティが複数の狭 …
三ノ宮・布引町ビル

(仮称)神戸三ノ宮・布引町ビル新築工事 来週の着工に向けて準備を開始 琴ノ緒町でもビル建設工事が進行中

2022年9月27日
こべるん ~変化していく神戸~
今年の2月以来、7ヶ月ぶりの記事投稿となりますが、三ノ宮駅北側・フラワーロード沿いは布引町4丁目のコインパーキングは大阪共栄信用組合 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です