三ノ宮・布引町ビル

(仮称)神戸三ノ宮・布引町ビル新築工事 地上躯体構築工事が本格化 地方金融機関の不動産活用は活発に



着工から約1年が経過したた(仮称)神戸三ノ宮・布引町ビル新築工事。タワークレーンが投入されたタイミングは意外と早かったのですが、地中障害物撤去と基礎工事に1年を要しました。



ようやく地上躯体の構築が始まっています。1階床の配筋が行われており、コンクリート打設と共に続いて、壁や柱の配筋も進められます。



1-2階には大阪協栄信用組合が店舗と事務所を構える予定です。



複合用途ビルの東横インというのは珍しいのではないかと思います。



しかし地方信金が新たに土地を取得し、複合ビルを建設する不動産投資を行う前略は非常に大胆かと思います。日新信用金庫が、三宮支店の建て替え時に高層化して上層階をテナントフロアにするケースがありましたが、あくまでも保有する支店ビルの建て替えが基本でした。トマト銀行も支店ビルの建て替えにて、上層部を賃貸マンションにする複合用途化を図っています。

他にも播州信用金庫が本店以外に同店以上の規模を持つ神戸本部ビルを建設した例もあります。総じて地銀や信用金庫が支店ビル等を建て替える際に不動産活用を行っている例が多く、90年代以降においては、あまりメガバンクやその関連会社による不動産開発事例はありません。



三宮駅前周辺の再開発は駅ビル開発やバスターミナルビルの開発が更に進んでくると、もっと顕著に波及効果が生まれてくるのか、神戸空港の利用者増と国際化が鍵となって熱を帯びてくるのか。ターミナルの利用者数は70万人にまで増えましたが、再整備や空港利用者増によって80万、90万と増加を辿る傾向が見えてくれば、より民間投資は活発化するでしょう。

関連記事
三ノ宮・布引町ビル

(仮称)神戸三ノ宮・布引町ビル新築工事 新たな東横インが2024年11月に進出予定 大阪協栄信用組合店舗との複合ビル建設へ

2022年2月14日
こべるん ~変化していく神戸~
JR三ノ宮駅北側で(仮称)神戸三ノ宮・布引町ビル新築工事として計画されている布引町4丁目の複合ビルプロジェクトは土地保有者である大阪協栄 …
三ノ宮・布引町ビル

(仮称)神戸三ノ宮・布引町ビル新築工事 本格着工に向けての準備段階に入る フラワーロードのホテル集積が加速

2022年11月7日
こべるん ~変化していく神戸~
JR三ノ宮駅北側・フラワーロード沿いの布引町4丁目で計画されている(仮称)神戸三ノ宮・布引町ビル新築工事。コインパーキングとして暫定 …
三ノ宮・布引町ビル

(仮称)神戸三ノ宮・布引町ビル新築工事 地上躯体構築が進行 ホテル需要はコロナ前水準に回復傾向

2023年11月14日
こべるん ~変化していく神戸~
布引町4丁目で大阪協栄信用組合がナカノフドー建設の施工で建設中の地上18階建ての、複合ビル新築工事。地上1階の躯体構築工事が進行して …
三ノ宮・布引町ビル

(仮称)神戸三ノ宮・布引町ビル新築工事 遂に布引4丁目の再開発プロジェクトが始動!ホテル+事務所の複合ビル建設

2022年2月8日
こべるん ~変化していく神戸~
旧代々木ゼミナール神戸校のフラワーロードを挟んで向かいとなる布引4丁目は2015年に大阪の不動産会社であるセントラルシティが複数の狭 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です