神戸アリーナ

(仮称)神戸アリーナプロジェクト 建設工事は鉄骨建方が進捗中



大林組の施工で、鉄骨建方が開始された新港第2突堤の神戸アリーナプロジェクト。Bリーグの神戸ストークスのホームアリーナになる予定です。



鉄骨建方は突堤のほぼ中央部から開始されています。建物は鉄骨造7階建てを予定しています。私自身、アリーナの建設を目撃するのは今回が初めてですので、どのように建設されていくのかその過程を見るのが楽しみです。



この鉄骨が組み立てられているのはアリーナのどの部分にあたるのでしょうか。



アリーナの形状は中央部の屋根が凹んでいます。また建物の中は真ん中がすり鉢状に空洞になっている筈なので、既に4階まで鉄骨が組み立てられている部分はアリーナの南側なのではないかと推測します。



アリーナの北側部分の様子です。1階の床のコンクリート打設や鉄筋コンクリートの柱の基礎が構築されています。間もなく鉄骨建方は全体に広がってくるものと思われます。



突堤の南端です。想像していた以上にアリーナは南側まで立地しています。突堤先端の緑地はアリーナ本体の工事に目処が付いた後に整備が進む模様です。



南北双方で鉄骨建方が進んでいくと、建物形状や規模感がよりハッキリとしてくるものと思われます。

アリーナの最高部の高さが約50mなので、神戸メリケンパークオリエンタルホテルの最高部とほぼ同じ高さです。

関連記事
神戸アリーナ

ジーライオン神戸アリーナ 水域先端の防波堤海上部分の構築も開始される!1万人規模の抱える落とし穴と起死回生プランとは?

2024年3月12日
こべるん ~変化していく神戸~
新港第2突堤で順調に建設工事が進んでいるジーライオンアリーナ神戸。次世代の神戸ウォーターフロントの要になり得る施設として大きな期待が …
神戸アリーナ

新港第1・2突堤間の水域活用に向けての整備工事が本格化 全く新しいウォーターフロント・親水空間の誕生へ

2024年3月25日
こべるん ~変化していく神戸~
新港第1、第2突堤の間の水域は、第2突堤のジーライオンアリーナ神戸の建設と合わせて新たな賑わいを生み出すウォーターフロント施設として …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です