市庁舎建て替え計画

(仮称)新中央区総合庁舎他建設工事 地下掘削・躯体解体が進む



大林組・神鋼興産建設JVで施工が進む(仮称)新中央区総合庁舎他建設工事。仮囲いの外からは内部の様子が全く分かりません。



内部では大胆に掘削が進みました。旧市役所本庁舎3号館の地下躯体が外周の壁を残して掘削されています。



敷地南側には乗入構台も構築されました。



地下水を低下させるための「ディープウェル」が登場しています。深井戸を掘り、井戸内に流入する地下水を水中ポンプにより強制排水しています。



この掘削が完了するといよいよ新庁舎の地下躯体工事を開始するものと思われます。少し工程はスケジュールから遅れているのでしょうか。この工事が完了しないと雲井通の再開発に着手できません。



最近、懸念を感じている事は最近の神戸の開発は主に官が主導し、民間がそれに合わせている格好が常態化している点です。元々、株式会社神戸市と言われる程、都市開発に行政が前面に出て民間事業者を牽引する手法が成功を収め、これが実績を積み重ねてきた歴史があるのは事実ですが、これでは民間が自ら大きな再開発を能動的に行う土壌が醸成されないのではないかと思います。雲井通再開発や新港町再開発も市のコーディネートあって実現に向かっています。こうした手法は無論、行政だからこそ実現できるという点は評価できますが、やはり他都市と比較しても官製開発が目立ちます。市自らが開発に従事するだけでなく、同時平行で規制の大幅な緩和等、民間開発を大きく後押しするような実行力のある政策が必要なのではないでしょうか。

関連記事
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 建設工事が本格着工 来月には庁舎・集客施設整備事業者を決定

2022年6月2日
こべるん ~変化していく神戸~
市役所本庁舎2号館跡地の再開発プロジェクトは敷地南側に連絡ロビー・エネルギー施設棟の建設を一期として進め、同施設の完成後に北端の仮設 …
市庁舎建て替え計画

神戸市役所本庁舎2号館の地上躯体解体工事が大幅に進捗・新中央区総合庁舎の鉄骨建方も大きく進む 集客機能成否は事業者のアイディアに左右される

2021年9月22日
こべるん ~変化していく神戸~
今秋から敷地南側でまず連絡ロビー・エネルギー施設の建設工事が開始される予定の他、来春には敷地全体の開発事業予定者が決定し、建設される建物 …
市庁舎建て替え計画

神戸市役所本庁舎2号館解体撤去他工事地上躯体撤去は完了 27年の複合施設完成に向けて来年よりプロジェクト始動

2021年12月4日
こべるん ~変化していく神戸~
明和工務店が昨年末より10月末を完成期限として進めきた神戸市役所本庁舎2号館の解体撤去工事ですが、期限から1ヶ月程遅れてほぼ地上部の …
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)新中央区総合庁舎他建設工事 遂にタワークレーン1号機が完成 新イメージパースも一部公開

2021年6月30日
こべるん ~変化していく神戸~
地上躯体の建設工事が本格化し、とうとうタワークレーンの設置が始まった新中央区総合庁舎。市庁舎シティの再編がいよいよ視覚的に大きく変化 …
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)新中央区総合庁舎他建設工事 遂に鉄骨工事に着手!タワークレーンの組立はいつ?

2021年5月12日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市役所本庁舎3号館跡地に大林組・神鋼興産建設のJVで施工している新中央区総合庁舎。雲井通5丁目にある現中央区総合庁舎や勤労会館の …
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 杭工事が進行中 丸五基礎工業の独断場

2022年6月26日
こべるん ~変化していく神戸~
本格着工している市庁舎2号館跡の連絡ロビー・エネルギー施設。間もなく開館する向かいの新中央区総合庁舎・文化センターと合わせて、庁舎シ …

POSTED COMMENT

  1. 摂津国人 より:

    > 元々、株式会社神戸市と言われる程、都市開発に行政が前面に出て民間事業者を牽引する手法が成功を収め、これが実績を積み重ねてきた歴史があるのは事実ですが、これでは民間が自ら大きな再開発を能動的に行う土壌が醸成されないのではないかと思います。
    私もこの点について危惧しています。
    東日本大震災と異なり、阪神・淡路大震災の負債は神戸市や兵庫県をはじめとした自治体が破綻していますが、震災の負債を抱えた緊縮財政時には開発に対して積極的になれないでしょう。
    神戸の再開発が大阪や京都に比べて遅れているのも、緊縮財政なのに官製開発が主だからではないでしょうか。
    市の官製開発が滞るのであれば民間の開発を奨励するのが定石かと思いますが、神戸は従来の方針を転換できなかったのでしょう。
    今からでも遅くないので、官民揃った再開発を進めて欲しいです。

    少し古い記事ですが、朗報です。
    (解説)神戸市債の残高が20年ぶり実質増加、「震災財政」の終幕を示す
    https://news.kobekeizai.jp/blog-entry-6450.html

    神戸市の財政状況が好転しており、健全な財政状態にまで回復したとのこと。
    格付け会社からA A+の評価を貰っていることも嬉しいです。
    ようやく財政的に震災の呪縛から解かれつつある神戸ですから、これからに期待したいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です