大和証券神戸ビル建替

(仮称)大和証券神戸ビル新築工事に伴う解体工事 建替後のイメージパース判明!



11月末の完了を目指して進められている(仮称)大和証券神戸ビル新築工事に伴う解体工事。既存ビルの解体後、地上10階建てに規模を拡大した新築ビルへ建て替えるプロジェクトが進行中です。三面を道路に面する立地だけに、建替後の新ビルデザインのシンボル性に期待が高まりますが、そのイメージパースがいよいよ明らかになりました。

プロジェクト概要

(仮称)大和証券神戸ビル新築工事



所在地 神戸市中央区三宮町1-2
事業者 大和証券ファシリティーズ
敷地面積 約652㎡
建築面積 約555m2
延床面積 約5,939 m2
階数 地上10階 地下1階
用途 オフィス 店舗
建物⾼さ 44.9m
構造 鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
設計者 前田建設工業
施工者 前田建設工業
竣工予定 2023年11月



新築ビル建替後の完成イメージが判明



高さ44.9mに達する予定の「新・大和証券神戸ビル」はアールを強調したモダンクラシックなファサードを擁したガラスと石のオフィスビルになります。1-2階は店舗フロアとしてテナントを入れ、街の賑わい創出にも貢献するプロジェクトです。立地を考慮しランドマーク性を意識した優れた意匠の建物になります。

 



このビルのイメージが判明した事で三宮町1丁目地区の高度利用・高規格化が更に確実になりました。関電不動産開発の関電不動産神戸三宮ビル、ダイワロイヤルの神戸市中央区三宮町プロジェクト、そしてこの大和証券神戸ビルが加わり、風格の漂う新たな街の景観を作り出すと共に、新たなオフィス床やホテル、店舗区画も供給する事によってにぎわいにも大きな変化を与えます。

関連記事
大和証券神戸ビル建替

(仮称)大和証券神戸ビルが神戸市のオフィスビル建設促進制度第1号に認定される 新制度は更なる民間オフィス開発を誘発するか

2021年12月18日
こべるん ~変化していく神戸~
大和証券ファシリティーズ株式会社が三宮町1丁目で建て替え中の大和証券神戸ビルについて、神戸市はオフィスビル建設促進制度第1号認定を行 …
大和証券神戸ビル建替

(仮称)大和証券神戸ビル新築工事に伴う解体工事が開始される!10階建ての新築オフィスビルへ建替

2021年6月15日
こべるん ~変化していく神戸~
大和証券神戸支店の神戸三宮阪急ビルへの移転に伴って閉館した大和証券神戸ビル。建物を保有する大和ファシリーズは既存ビルを解体し、新たに …
大和証券神戸ビル建替

(仮称)大和証券神戸ビル新築工事 既存ビルを10階建てのビルに建て替えへ 三宮中央通り四大プロジェクト

2021年4月28日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮町1丁目の大和証券神戸ビルから完成したばかりの神戸三宮阪急ビルの2階及び5-6階に移転した大和証券神戸支店。昨夏には既存ビルの敷 …

POSTED COMMENT

  1. kingi より:

    これは嬉しい誤算ですね
    以前から良い立地なので低層階を
    テナント化すれば良いのにと思ってました

  2. hk より:

    デザイン性の高いビルでこれは嬉しい
    北側も建て替えが進めば素晴らしい通りになりますね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です