こべるん ~変化していく神戸~
大建興産三宮1丁目計画

(仮称)三宮町テナントビルPJ 掘削工事が進行 鉄骨建方開始はいつ? プロジェクト完成は21年2月末を予定



昨年11月の着工以来、杭工事が延々と行われていた三ノ宮駅前の三宮町テナントビルプロジェクト新築工事。土地を保有するミリオン観光が駅前の超一等地に地上11階 地下1階建てのテナントビルを建設中です。



施工は大阪市の三木組。間口が狭いので仮囲いは最小限で殆どがゲートです。仮囲いの外からは重機も見えないので作業の様子が伺えません。



視点を変えて歩行者デッキから眺めた現場です。敷地の手前は鉄板が敷き詰められています。



敷地の奥は掘削が進み、矢板による山留と鉄骨の切梁が設置されています。地下階の基礎を構築しているものと思われます。



地下階の鉄骨工事に至るまでは恐らくGWになろうかと思います。地上部の鉄骨建方開始は6月頃でしょうか。建物の高さが40m程あるので、周囲の建物を大きく凌駕します。



事業主のミリオン観光がコーポレートサイトをオープンし、この中で三宮町テナントビルPJについても特設サイトを開設しています。

https://daiken-k.info/

ビルに出店するテナントですが、地上1-3階は既にドラッグストアの出店が予定されているようで、テナント貸しは4-11階の8フロアとなります。これらには事業者のオフィス、クリニック、サロン等が想定されています。敷地面積の大きなビルではありませんが、エレベーターは2基を完備。



建物上部に看板塔が取り付けられますが、当初の計画では建物と独立した構造で高さ8mを設定。神戸市との景観デザイン協議にて看板のサイズやデザインの改善要望が出され、建物と一体化したデザインに変更すると共に看板の高さを6mに縮小し、看板の掲示を北、西面に限定。


1階エントランス周りの様子です。植栽も設けらる予定です。ミリオン観光はこの建物を皮切りに今後、まちづくりにも積極的に参画する方針のようです。同社が資産を多く保有する三宮町1丁目は三宮の玄関口にあたる超一等地です。将来的にはこのビルのある三宮南西街区の集約と再開発には是非とも積極的な役割を果たして欲しいと思います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です