トアロード

(仮称)トアロードビルプロジェクト 新築テナントビル?の建設工事がスタート トアロードは新旧ビルのテナント誘致合戦へ



トアロードのコクミンドラッグが解体され、新たなビルの建設プロジェクトがスタートしています。DONQ三宮本店の南側で、人通りも非常に多く、商業施設やブティック、カフェが並ぶ商業地の一等地ですので、平屋建てのコクミンは界隈では少し浮いた存在でした。



建設工事の開始された(仮称)トアロードビルプロジェクト。現状、まだどんな規模でどんなデザインの建物が建設されるのか明らかになっていません。



掘削された現場。コクミンドラッグの平屋が建てられる以前にあった建物の地中壁を山留に活用して土嚢も積んでいます。



南隣のLevi’sの入る建物はL字型且つ一部は4階建になっています。解体が行われて初めて分かる周囲の建物の形状というのも面白いですね。



どの程度の規模の建物が計画されているのでしょうか。建築計画のお知らせの掲示が義務化されるべきです。年内には竣工予定ですので、4-5階程のテナントビルと予想しています。デザイン面に期待したいと思います。



向かいの神戸BALが一棟を借り切って、新たなアネックス棟にするというのも面白いかもしれません。まだ神戸には出店していない話題のレストラン等を誘致するBALプロデュースのグルメビルなんていかがでしょうか。



ただBALは当面、南側のアネックスのリニューアルに集中する必要があります。改修工事中のアネックスや本館1階の南側区画、そしてエストネーションが抜けたアネックス等、まずはこれらへのテナント誘致が肝要です。いずれも既にテナントは決まっているのでしょうか。



BALアネックスの向かいのKAMO跡も後継テナントが必要ですし、トアロードはテナント誘致に向けて、新築ビルと既存ビルの群雄割拠状態が続きます。

関連記事
トアロード

岡田様マンション新築工事 ファルマシアントアロードが竣工 トアロード x 生田新道交差点角開発も完了

2020年3月31日
こべるん ~変化していく神戸~
トアロードと生田新道の交差点西角にあった中華料理店ビル、クニーリング店の入った雑居ビル、タワーパーキングの3つの施設の土地を集約し、1棟 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です