三宮

(仮)ケーニヒスクローネ貸店舗新築工事 自社店舗ではない場合の出店テナントの業種は?



磯上通4丁目 旧ケーニヒスクローネ レアル プリンセサ・リカルディーナ磯上邸跡地のコインパーキングが閉鎖されて、新たな建築工事が始動しました。5年間の暫定利用後に新たな店舗ビルを建設しています。



施工を担当するのはノバック。工事名称は「(仮)ケーニヒスクローネ貸店舗新築工事」。気になるのは、店舗の前に「貸」が付いた点です。



工事は敷地の西側部分の一部のみで行われています。建築面積は敷地全体の1/3程度に留まっています。



基礎の配筋と型枠の組み立てが行われています。



貸店舗という事は、ケーニヒスクローネが自社で使用する訳ではないという事になります。テナントを募る形で店舗棟を建設している事になるものと思われます。



出店するのは一体どのようなテナントなのか。駐車場収入でもそこそこ儲けられていたのではないかと思いますが、敢えて貸店舗を建設して不動産活用を行うという事は、強い出店希望があったという事も考えられるのでしょうか。



ただあまり良くない可能性として、コンビニが出店するという事もあるかもしれません。建築面積的にあり得ない話ではないかと思います。ただ向かいには既にセブンイレブンが営業しています。



10月には竣工予定なので、恐らく店舗棟は平家建でしょう。ケーニヒスクローネが誘致するテナントとは?



南に隣接するIPSX Eastの1-2階店舗フロアも空きテナントが継続中です。バッテリーカフェがオープンし、カフェや雑貨店等が急増した2000年代前半。磯上通はトアウェストに続く有望エリアとして見られていましたが、バッテリーカフェの入っていた建物が再開発される計画で解体されるもプロジェクトが頓挫して以降、急速に盛り上がりは衰退し、乙仲通に流れは持って行かれてしまいました。現在、その土地にはリリープラザワンビルが立っています。磯上通の復権には雲井通の再開発が重要な鍵を握るでしょう。

関連記事
三宮

サンセンタープラザの再開発裏側について文春オンラインで連載記事掲載 市長選2ヵ月前に出された記事は波紋を広げるか

2021年9月3日
こべるん ~変化していく神戸~
週刊誌の文春オンラインに三宮の中心に位置する大型商業施設「サンセンタープラザ」の再開発に向けた動きの裏側について取材をした記事を掲載 …
三宮

三宮-元町間界隈の新規開店・閉店状況 Withコロナによる回復と訪日客増で路面店の空きテナントへの出店に拍車が掛かるか?

2022年10月18日
こべるん ~変化していく神戸~
コロナ禍によって経済活動が減退し、街の活性化の大きな妨げとなってきましたが、弱毒化によって「withコロナ」化を促進できる環境が整っ …
三宮

タイムズ神戸国際会館東ステーション閉鎖 隣接するパーキングも地質ボーリング調査実施済 新たな開発プロジェクト始動の兆し?

2023年1月19日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮・磯上通7丁目はアイング三宮パーキングの南側・西村屋 和味旬彩の東隣にあったコインパーキング「タイムズ神戸国際会館東ステーション …

POSTED COMMENT

  1. ゆいちき より:

    その近くで働いている人から、向かいのセブンイレブンが今工事しているところに移転する、と聞きましたが…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です