新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 地上躯体の鉄骨工事が進行するオフィス棟



サウンディング型市場調査が行われる第二突堤と基部に隣接した三宮新港町計画は先行して再開発が進行中です。2棟のオフィスビルが地区を先導するように鉄骨工事を進めており、その存在感は日に日に大きくなっています。



銭高組の施工するフェリシモ本社ビルのオフィス棟部分大方は鉄骨工事が完了したようです。完成予想パースを連想させる形状になってきました。



各階の床にはデッキプレート、鉄骨の梁に庇のようなパネルが取付られています。



この庇のパネルの間はガラスの開口部となります。階高が結構不揃いです。通常、1-2階はエントランスや多用途になっている為、階高は大きく取られ、それ以降のオフィス階は均一の高さになる事が多いのですが、このビルは中層階でも一部、高さがバラついています。



威風堂々とした重厚感がすでにあるGLION本社ビル。日本建設が施工し、一部の鉄骨は既に最上部に達しています。



建物西端から鉄骨を組み立てており、現在はより中央側の部分の鉄骨建方に着手しており、厚みが増し始めました。



完成するとかなりの横幅のある建物になる予定です。正直、このプロジェクトが始動するまでGLIONグループという会社の存在を知りませんでした。従業員3,500名を抱え売上高は1,700億円を越える優良企業グループです。この新本社はその企業規模に相応しい建物となります。



GLION本社ビルの北側では駐車場棟の建設が進みます。工区の東側の基礎の鉄筋型枠工事が行われており、コンクリートが打たれればいよいよこちらも鉄骨工事に着手するでしょう。



GLION本社ビルは北側から見ても迫力があります。



市役所展望ロビーから眺める三宮新港町計画。



そしてポーアイしおさい公園から遠望する三宮新港町計画。第二突堤の再開発が進むとエリアに集積感と一体感が生まれ、神戸の新ウォーターフロントは大きく活性化するでしょう。

関連記事
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸WEST & EAST WESTの低層部・外構整備開始 EASTは地下躯体構築中

2022年8月10日
こべるん ~変化していく神戸~
竣工まで残り約4ヶ月に迫った新港町のツインタワーマンションの西棟であるベイシティタワーズ神戸WEST。低層部以外の外観は完成しており …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画・歩行者デッキネットワークの構築が進行中 南側は完成・供用開始 将来的な拡大も期待大

2022年1月19日
こべるん ~変化していく神戸~
中核集客施設の神戸ポートミュージアムが開業し、賑わいが生まれている新ウォーターフロント街区の新港町ですが、現在、メインとなる立体駐車場棟 …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸WEST 躯体工事は5-6階に到達 公式HPに多数の新パースを掲載!

2021年6月25日
こべるん ~変化していく神戸~
新生・新港町地区のランドマークとなるツインタワーの西棟であるベイシティタワーズ神戸WEST。この再開発地区における代表構成企業を務め …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 B街区 フェリシモ・クリエイティブ・ランド鉄骨建方が進む 文化施設棟も基礎躯体構築開始

2020年6月11日
こべるん ~変化していく神戸~
いよいよ地上階の建設が始まり、視覚的に工事の進捗が明確になってきた三宮新港町計画の南側であるB街区。大規模再開発感が満載の現場は更に …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です