新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 各工区で建設工事が進む 突堤には帆船・練習船が結集


2週間ぶりに三宮新港町計画の様子をレポートします。全工区で工事が進行しており、今回の取材でも進捗が確認できました。



水族館の入る文化施設棟は、長い基礎工事を完了し、鉄筋コンクリート造の地上躯体の構築を進めています。既に北側半分は型枠や足場が出現しており、1階の躯体が出来上がりつつあるようです。コンクリート打設もまもなく始まるでしょう。



南側半分はまだ1階床の上に柱や壁の配筋作業を進めているところでした。



隣の工区のフェリシモ本社ビルは低層棟が完全に足場に覆われました。8階部分の躯体構築も進み、完成形に近い様相を呈しています。



神戸ベイシティタワーズWESTは地下階の躯体工事を開始しているようです。タワークレーンの登場時期が楽しみです。



GLION本社ビルは外装工事が本格化しています。西側側面の一部にはPCカーテンウォールが取り付けられました。



そしてファサードの外装工事にも着手しています。プレキャストコンクリートの庇を各フロアに取り付から作業が進行中です。



このビルのデザイン性の高さを物語るディテールの一つである庇の端が突き出ている部分も確認出来ました。



既に6階まで庇取付が進んでいます。この作業が終わると、いよいよガラスカーテンウォールの取付が開始される事になるでしょう。



神戸ベイシティタワーズEASTの工区では未だ三点式パイルドライバによる地盤改良工事が進められています。



再開発の進む新港突堤周辺には華やかな雰囲気に包まれていました。練習船や練習帆船が再び神戸港に結集しています。



集ったのは「日本丸」「海王丸」「大成丸」「銀河丸」「青雲丸」の5隻で、これらが一斉に神戸港に集結したのは3年前に神戸港開港150年を祝うは海フェスタ以来ぶりとなります。



5隻が一同に見られるのは10月3日までとの事です。



常にこれらの帆船が神戸港に停泊していると非常に見映えが良いのですが、退役の際には横浜の初代日本丸のように神戸港に常設展示する場を設けて欲しいですね。



対岸のメリケンパークから望む三宮新港町再開発エリア。文化施設棟がもっと立ち上がってくると更に雰囲気が変わるでしょう。そして住宅棟の建設が進むと、存在感はますます大きくなります。

関連記事
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸WEST 遂に上棟・躯体工事は最上層27階に到達! 今後屋上フィンの構築で更に存在感を増す

2022年2月24日
こべるん ~変化していく神戸~
いよいよ躯体工事が大詰めを迎えている新港町のツインタワーマンションの西棟である「ベイシティタワーズ神戸WEST」。最上階である27階 …
新港突堤西地区再開発

アリーナ建設予定地・新港第2突堤基部事務所他とりこわし工事の入札が広告される 来年3月までの更地化へ 向かいの住友倉庫と合わせて再開発か

2021年10月15日
こべるん ~変化していく神戸~
新港第2突堤の再開発はNTT都市開発等がアリーナの建設を予定しており、来年度にも着工する計画です。しかしそのエントランス部にあたる突 …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸EAST 杭工事が完了し、いよいよ基礎構築と躯体工事へと移行

2022年1月14日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸ポートミュージアムの開業によって飛躍的に集客力を高めた新港町エリア。ただその恩恵はまだ京町筋の南北ラインのみに限定されており、臨港道 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です