新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 メリケンパークから望む新港町再開発エリアとKPM神戸ポートミュージアム



今春に完成する建物が増えて段々と新しい街らしくなってきた新港町西地区の再開発エリア。対岸のメリケンパークから望むと、外観の完成したKPM 神戸ポートミュージアムが異彩を放っています。

KPM 神戸ポートミュージアム計画概要

(仮称)神戸新港文化施設棟新築工事



所在地 神戸市中央区新港町112番2
事業者 合同会社AQUART
敷地面積 5,328.12㎡
建築面積 3,062.85m2
延床面積 7,290.00m2
階数 地上4階 地下1階
用途 博物館 店舗
建物⾼さ 21.73m
構造 鉄骨造、鉄筋コンクリート造
設計者 大成建設
施工者 大成建設
竣工予定 2021年秋

1F atoa luxe



atoaのグッズを販売するミュージアムショップ。

1F TOOTH MART FOOD HALL & NIGHT FES

TOOTH TOOTHがプロデュースする次世代のフードホール。

1F GLION CLASSIC CAR MUSEUM

GLIONの運営する希少価値の高いヴィンテージカーの博物館。

2-4F atoa



「劇場型アクアリウム」をコンセプトとし、水槽と舞台美術やデジタルアートによる演出が織りなす次世代のエンターテイメント文化施設。

4F atoa cafe



屋上テラスを有した天空のカフェスタンド。

建設状況の様子



完成したデザイン性の高いオフィスビル2棟と、非常に個性的なデザインの神戸ポートミュージアム。



建物屋上テラスの緑化も進められています。もっとパースのように木々が青々として欲しいですね。将来には木々が成長し、港の森のようになると面白いと思います。



メリケンパークの海洋博物館前の広場から眺める新港西地区。ベイシティタワーズのツインタワーが成長すると、もっと存在感が高まる事でしょう。これらの建物群が本格稼働すると、夜景も見映える事になると思います。



近くから眺めると荒々しくて非常に迫力があります。早く目の前を遮る電線や電柱が撤去されて欲しいですね。



建物の外周にあった仮囲いがどんどん撤去されています。今後は外構や周辺の道路整備工事も進められていき、街らしくなり始めそうです。



南側の仮囲いもほぼ撤去が進みました。緑地とひと続きになった敷地です。一帯を自由に行来できるようになるのは夏頃でしょう。



神戸ポートミュージアムの開口部にもガラスやサッシが入りました。1階は円筒の中だけでなく、西側に張り出した部分も床になっているようです。



北側の外構ではインターロッキングブロックによる舗装や植栽の整備も開始されています。



荒々しいコンクリート剥き出しの外壁に明るい色調の煉瓦壁というコントラストが不思議です。水族館部分は内装工事と開館準備に骨が折れそうですが、予定通りに今秋の開業を期待しています。



新港第1突堤の南側から眺めた新港町西地区再開発エリアの俯瞰。背後の旧居留地のビル群と合わせて壮観な眺めになってきました。ツインタワーが立ち上がると更に完成度を増す景観が形成される事になります。神戸のウォーターフロントの新たな名景が生まれつつある事を感じます。遊覧船クルーズから眺める神戸も更に見応えが増します。
関連記事
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸のデザイン詳細判明 住友不動産・関電不動産開発が遂に物件プレスリリースを発表!

2020年11月28日
こべるん ~変化していく神戸~
ウォーターフロントの大規模再開発プロジェクト「三宮新港町計画」のランドマークであるツインタワーマンション「ベイシティタワーズ神戸」の …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸WEST 外構工事・緑地広場ベイコートの整備が進行中 EASTは地上躯体構築開始間近

2022年11月28日
こべるん ~変化していく神戸~
新港町のツインタワーマンション「ベイシティタワーズ神戸WEST・EAST」の建設工事が進行中ですが、先行するWESTは外構工事が進ん …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です