新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸WEST/EAST 躯体工事は12階に到達 杭工事もスタート



本格的な街開きが今秋に迫っている新港町西地区エリア。その中でランドマークツインタワーの西棟として立ち上がりつつある住友不動産のベイシティタワーズ神戸WEST。タワークレーン2機を投入して前田建設工業施工による躯体工事が進行しています。

プロジェクト概要

ベイシティタワーズ神戸WEST/EAST













所在地 神戸市中央区新港町71番
事業者 住友不動産・関電不動産開発
敷地面積 WEST 5,300.07㎡ EAST 5,300.01㎡
建築面積 WEST 1681.98㎡ EAST 1,605.95㎡
延床面積 WEST36959.46㎡ EAST 36,593.83㎡
階数 地上27階 地下1階 塔屋1階
用途 共同住宅 一部店舗 WEST 349戸 EAST 353戸
建物⾼さ 102m
構造 鉄筋コンクリート造 一部 鉄骨造
設計者 前田建設工業
施工者 前田建設工業
竣工予定 2023年1月/2024年9月







https://www.sumitomo-rd-mansion.jp/kansai/bct_kobe/
物件公式サイト

建設状況の様子



かなり高くなってきました。現在、12階の躯体工事が行われています。27階建てのタワーマンションなので、もう間もなく半分の高さに達する事になります。



南北スパンのある建物なので高さを増してくると迫力がアップしてきました。



中央左側の住戸は途中階から一列に渡って上階までスラブ側面がバーガンディに塗装され、アクセントになっています。



両コーナーの住戸は黒に塗装されています。



建物東西スパンは短いですが、マリオンはこの面にも複数、取り付けられています。



タワーマンションらしさが形になってきました。地上躯体の本格的な構築が開始されてからここまで来るのに約7ヶ月。このペースで進行していくと、上棟は来春あたりでしょう。



さて順調に成長を遂げているWESTに対して、仮囲いの中で基礎工事を進めている関電不動産開発のEAST。



これまでSMW工事が行われていました。敷地全面に鉄板が敷き詰められています。クローラークレーン3台が投入されています。



WESTの基礎工事の際と同様に巨大な安定液タンクが3基が設置されました。



いよいよ場所打コンクリート杭の構築が開始されます。



出来上がりつつある新しい街を駆け抜ける連接バスのポートループ。まだ利用客はまばらな状況が継続しています。

関連記事
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 フェリシモ・クリエイティブ・ランドのファサードが完成形に近づきつつある 低層棟の鉄骨も立ち上がる

2020年9月5日
こべるん ~変化していく神戸~
本体のオフィス棟のファサードが刻々と完成形に近づいている通販大手フェリシモの新本社ビルとなるフェリシモ・クリエイティブ・ランド。南北 …

POSTED COMMENT

  1. さんたん より:

    しょーもない高さ規制がなければ、高さは120mぐらいに、外観はシティタワー大阪本町に似たような感じになったんでしょうかね。

  2. H より:

    消防条例も外観デザインの自由度をかなり制限しているみたいなので何とかしてもらいたい

  3. sirokuma より:

    ここは希少な開発空間だけあり、周辺に比較対象物件が無いので12階の高さでもやけに低く感じますね。この場所にはやはり180mクラスの建物を建てて欲しかった。
    ただ、アリーナ構想によりこの再開発エリア全体の価値が底上げされましたね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です