新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸EAST 杭工事が完了し、いよいよ基礎構築と躯体工事へと移行

神戸ポートミュージアムの開業によって飛躍的に集客力を高めた新港町エリア。ただその恩恵はまだ京町筋の南北ラインのみに限定されており、臨港道路の東西ラインへの波及は今後の開発次第という状況です。

東側での開発は今後、第2突堤のアリーナ建設が本格化すると、大きく状況が変わってくる事でしょう。その東側開発へのアプローチに位置するベイシティタワーズ神戸EASTは関電不動産が計画するツインタワーマンションの東棟で、住友不動産のWESTと時間差を付けて着工しました。

プロジェクト概要

ベイシティタワーズ神戸WEST/EAST













所在地 神戸市中央区新港町71番
事業者 住友不動産・関電不動産開発
敷地面積 WEST 5,300.07㎡ EAST 5,300.01㎡
建築面積 WEST 1681.98㎡ EAST 1,605.95㎡
延床面積 WEST36959.46㎡ EAST 36,593.83㎡
階数 地上27階 地下1階 塔屋1階
用途 共同住宅 一部店舗 WEST 349戸 EAST 353戸
建物⾼さ 102m
構造 鉄筋コンクリート造 一部 鉄骨造
設計者 前田建設工業
施工者 前田建設工業
竣工予定 2023年1月/2024年9月







https://www.sumitomo-rd-mansion.jp/kansai/bct_kobe/
物件公式サイト

建設状況の様子



EASTの現場です。10月の取材時には多くの重機が稼働し、複数の巨大な安定液プラントが設置されていましたが、それらの全ては姿を消し、一見、真っさらな更地になっています。



しかしよく見ると、地面に等間隔で何やら丸い跡のような物が付いています。跡は敷地を斜めに横断しています。これまで行われていたのは場所打コンクリート杭の構築工事です。



杭工事が完了して、いよいよ掘削の上で地中基礎と地下階の構築工事が本格的に開始されるものと思われます。



EASTの現場にタワークレーンが登場するタイミングはいつ位でしょうか。WESTは掘削が開始されてからタワークレーンの導入までに約7ヶ月を要していました。同様とすると、今年の夏頃と考えられます。

一方のWESTは地上躯体工事がいよいよ22階にまで達しており、27階到達の上棟までもうあと一息という状態です。このタワークレーンをそのままEASTに移設する可能性も高いです。



おまけですが、新港町再開発街区の北側も歩道の再整備が進んでいます。舗装ブロックの敷設と電柱地中化、植栽の設置が行われており、街並みの統一化が進行中です。

関連記事
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 B街区 遂にフェリシモ・クリエイティブ・ランド鉄骨建方開始!同再開発地区で1番乗りを果たす

2020年5月25日
こべるん ~変化していく神戸~
新港突堤西地区再開発事業として建設工事が進められている三宮新港町計画。各工区にて基礎工事が進行でしたが、それらの中で遂に次工程に移行 …
新港突堤西地区再開発

新港突堤西地区再開発 三宮新港町計画 ツインタワーの建築計画お知らせ掲示!いよいよプロジェクトは今月着工

2019年9月3日
こべるん ~変化していく神戸~
いよいよ今月の本格着工が予定されている三宮新港町計画 新港突堤西地区再開発プロジェクト。着工寸前の模様を確認してきました。 北側の …

POSTED COMMENT

  1. sirokuma より:

    EASTは眼下にアリーナを見下ろすことになりますね。
    このマンションが出来上がる頃には、この辺りは一変しているでしょうね。アトアは一定の集客を果たしていますが、同じくらい、主に飼育展示に起因した批判も耳にします。暫くは、これが目玉なので少し心許ない気がします。レストランは数回利用しましたがテラス席の方が落ち着いて飲食できるように思います。中は、ファストフード店やコンビニのフードコートっぽくて落ち着いて食事できるようなテーブルや椅子を備えたスペースではありません。
    ウェディングやチョコレートの資料館がどうなったのかはわかりませんが、先ずはウェストの竣工とイーストとアリーナの着工を急いでほしい。そして、2突基部の再開発計画の全容が明らかになるのが愉しみです。

    • しん@こべるん より:

      今のアトア人気が継続している内に次の話題を作り出して街の賑わいを一過性ではなく定着させたいですね。それには二突開発の早期完成が必須となります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です