新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸EAST 基礎・地下躯体工事が完了 いよいよ地上躯体構築を開始か 南側には新レストランがまもなく開業



間もなく竣工を迎えるベイシティタワーズ神戸WESTから1年8ヶ月の時間差を経て完成予定のベイシティタワーズ神戸EAST。長らく基礎及び地下躯体の構築が進められてきました。



ようやくこれら地下の工事が完了し、いよいよ地上躯体の構築が開始される準備が整いました。



1階床のコンクリートの打設が完了し、柱の部分には養生のカバーが取り付けられています。遂にタワークレーンの投入の日も近い事でしょう。WESTのクレーンをそのまま流用するには時間差が空き過ぎていたようですが、WESTと同様に2機のクレーンが使用されるものと思われます。クレーンを設置するベースも既に構築が終わっているようです。



ベイシティタワーズ神戸EASTについては、物件概要は発表されているものの、発売は今年7月からとされており、また将来分譲住宅としての販売を中止し、賃貸住宅やサービスアパートメントなど、多様な住宅様式の供給に向けての検討のなかで変更する場合があるという注釈が付いています。

またマンションギャラリーはジョーシン前から物件の隣接地にあるジー・ライオン・アワーズビルに移転しました。



物件の南側にあるStage Felissimoの低層棟2階にレストラン「Sincro」がいよいよ今週18日(水)にオープンします。



これまでは1階のカフェワイナリー「f winery」のみの営業でしたが、本格的なレストランの開業で更に新港町エリアの魅力がアップします。



レストランからは今後、整備の進む水域が目の前に広がります。



また期待の神戸アリーナの建設も今春から開始されます。



店内から眺める夜景も素晴らしいようです。

https://www.felissimo.co.jp/sincro/
「Sincro」公式サイト

プロジェクトごとに料理のジャンル、カテゴリー、レシピを考案するシェフが変わるレストランとの事で、どんな料理が提供されるのでしょうか。ニューヨーク、京都、銀座で活躍している新進気鋭の若き料理人3人が、兵庫県産の食材を駆使して、ジャンルを超えたメニューを提供します。冬季はディナーのみの営業で、ディナーコース16,500円、ペアリング5,500円です。



いつの間にStage Felissimo前のデッキ下に素敵な植栽・中庭が整備されていました。



やはり再開発が進行していくと、常に街から新しい話題が創出され、その街を訪れてみたいという欲求が生まれ、活性と回遊性が高まるという循環が出来ます。街は進化を止める事は許されません。停滞はその街の衰退に直結します。

関連記事
新港突堤西地区再開発

アリーナ建設予定地・新港第2突堤基部事務所他とりこわし工事の入札が広告される 来年3月までの更地化へ 向かいの住友倉庫と合わせて再開発か

2021年10月15日
こべるん ~変化していく神戸~
新港第2突堤の再開発はNTT都市開発等がアリーナの建設を予定しており、来年度にも着工する計画です。しかしそのエントランス部にあたる突 …
New Open

劇場型アクアリウム átoa(アトア)に行ってきました!108枚で余すところなく綴る神戸のウォーターフロント最新観光スポット 新港町周辺の賑わいの起爆剤に

2021年11月8日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸のウォーターフロント最新観光スポットとなったKPM・神戸ポートミュージアム内の中核施設である劇場型アクアリウム「átoa」に行ってき …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です