三宮再整備

三宮再整備・東遊園地 三宮駐車場階段増築他工事 完成に向けてラストスパート 芝の養生も始まる



グッドデザイン賞を受賞した再整備が完了した東遊園地。今後、まだフラワーロード側の舗装整備や園地南側のリニューアルも控えている中、年内に工事を終える予定なのが園地北東側のメインエントランス周り。



三宮地下駐車場・地下通路と連絡する階段出入口のリニューアル工事が行われてきました。



階段出入口の配置も若干変更し、広場のエリアを拡大して、より開放感のあるエントランス空間へと改造されました。



階段は「く」の字に曲がった形で整備される計画です。



ただパースと異なるのは、階段出入口前に植栽帯が存在している点です。



仮囲いが撤去され、簡易フェンスのみとなりました。今後、舗装による仕上げが行われて完成に至ります。



東遊園地は再整備後、初の冬を迎えようとしています。越冬で気になるのは、リニューアルで整備された2つの芝生広場です。



よりサイズの小さな芝生ガーデンについては芝の養生が開始されました。こちらは広場のサイズが小さい為か、芝の消失が激しく地肌が見えるようにまで擦り切れてしまっていました。



一方、大きな芝生広場の方はどうでしょうか。



既に芝枯れが起きていますが、地肌が見えるような事はなく、しっかりと芝が保たれていました。耐久性の高い芝が採用された事もありますが、やはり面積が大きい分、踏まれる確率も均等化されているのでしょう。



1月に控えるルミナリエですが、東遊園地の会場として、例年通りに円形彫刻「スッパリエーラ」が設置される予定です。これまではルミナリエ後に芝が完全に消滅していました。今回はどうなるでしょうか。



新しくなった東遊園地により多くの人々が訪れる機会を設ける事は良いのですが、芝の消滅はなるべく避けて欲しい次第です。グラウンド化してしまうと、園地のイメージも低下します。

関連記事
JR三ノ宮新駅ビル

JR三ノ宮駅ビル開発準備工事 中央幹線の車線切り替えに伴って中央分離帯移設中 さんちか通路も改修が進む

2023年7月11日
こべるん ~変化していく神戸~
JR三ノ宮駅ビル開発が開始されたのに伴い、中央幹線の車線切り替え工事が進められています。北側の東行き車線がヤード化される為、中央分離 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です