三宮再整備

三宮再整備・東遊園地再整備工事 再開園後のこけら落としイベントはなんと「神コレ」!



2月末の工事完了を目指して最終仕上げの進む東遊園地の再整備。もう間もなく仮囲いが全て撤去されて、自由に生まれ変わった園地内を楽しめるようになります。



ただ芝生広場や芝生ガーデン等の完成はまだ少し先の話になりそうです。



写真は10日程前の様子なので、現在はもっと仕上げが進んでいるものと思いますが、インターロッキング舗装ブロックの敷設が園地内で進行しています。



見晴らし広場のデッキテラスはもう出来上がっているのでしょうか。市役所24階展望ロビーからこの再整備工事の様子を記録しておきたかったのですが、未だに24階はコロナのワクチン接種会場のままです。春にはコロナが5類に移行するのですから、24階のリニューアルと一般開放の再開を進めて欲しいです。



芝生ガーデンの囲いを造る型枠が組まれていました。



生まれ変わる東遊園地は北から南、東から西へと園地内どこにいても基本的に隅々まで見渡せる開放感がウリです。



この不思議なベンチはpark kitchen WEEKENDまで連なっており、建物の外資やまでも覆い始めました。



園地の北側の歩道も供用開始の準備段階に入ってきました。



今まで見れなかった視点での園地内を確認出来るようになりました。北側は構造を大きく変えずに、リニューアルによる景観変更を行いました。



煉瓦の擁壁は継続して活用しています。



閉鎖的だった園地のエントランス周りはこれまでよりも格段に出入りがしやすくなります。いよいよ来月に開放再開される比較的遊園地でこけら落としとして、行われるイベントが決定しました。なんと国内最大級のファッションである「神戸コレクション」を2023年4月15日(土)に園地内に特設会場を設けて開催予定です。市外からも多くの集客するイベントを東遊園地で行う事で、生まれ変わった園地のアピールに絶好の機会となります。

関連記事
三宮再整備

中央幹線にもパークレットを設置中 その試みの目的は? 殺風景な景観には再整備のメスを入れる必要性有り

2021年11月30日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮中央通りに数カ所で設置された神戸パークレット。通り沿いにベンチ等を備えた休憩賑わいゾーンとして定着したパークレットが、今度は中央 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です