JR三ノ宮新駅ビル

三宮再整備・三宮北交差点改良工事 工期は残り1ヶ月を切り、市道神戸若菜線の対面通行も開始される



7月末の完成まで残り1ヶ月の工期となった三宮北交差点改良工事。交差点のみでなく、ロータリーも含めた駅前広場の再整備が完成に向けて前進しています。



JR駅ビル開発開始に伴い解体される三宮センター交番の機能を補完する仮交番は完成しており、その外構となる駅前広場の再編が行われています。駅に面したロータリー前の一部の舗装も刷新されました。



ロータリーの改造も大詰めを迎えています。



ロータリーから直接にフラワーロードへの進入路は遂に封鎖されました。



進入路の歩道化工事が進められています。



市道神戸若菜線はこれまでの東行き一方通行から対面通行に変更されました。



北側の地下鉄三宮駅出入口周りの改造も大幅に進んでおり、一部には芝生化が行われました。



また芝生には新たな街路樹も植樹されています。



単なる歩道から潤いのある広場空間化が進行しているようです。



市道神戸若菜線は西行きの通行が可能になったので、これまでのようにロータリーを経由せずにフラワーロードへとアクセスする事ができます。



ロータリーへのアクセスは東側のエントリーのみとなります。タクシーも一般車もグルリと一周して再び神戸若菜線に戻ります。

JR駅ビルの開発工事が進行すると、南側駅前広場がロータリーも含めて封鎖されます。駅前での送迎車が北側に集中すると、かなりの混雑が予想されます。



フラワーロードを跨いでいた北側の横断歩道も南に位置を変更しました。



新たに中央分離帯構築や信号機の設置も完了。しかしこの交差点改良工事への不満は待ち時間表示式の信号機を設置しなかった事です。フラワーロードの通行量は多い為、なかなかな信号は切り替わりません。待ち時間の長い交差点程、それが分かるようにすべきです。



今後、仕上げとして舗装整備が急ピッチで進められる事になるでしょう。植栽や植樹、新たな照明設備の設置が行われて、景観面の向上も期待できるでしょう。デザイン性の高められた駅前の誕生までもう間もなくです。

関連記事
JR三ノ宮新駅ビル

JR西日本は新三ノ宮駅ビルを単独開発する必要はない 共同開発や定借権での他社開発も視野に入れるべき

2021年7月21日
こべるん ~変化していく神戸~
  地上部の解体が中途半端な形で終わり、コンクリートの簡易広場になってしまっているJR三ノ宮駅の三宮ターミナルビル跡地。昨年度に都市計画決 …
神戸三宮阪急ビル

サンキタ通りとサンキタ広場が「2023年 土木学会デザイン賞 優秀賞」を受賞 トリプル受賞による快挙達成

2023年12月13日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮再開発・再整備の第一弾大型プロジェクトとして、2021年に完成した神戸三宮阪急ビルとそれに接するサンキタ広場やさんきた通りのリニ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です