三宮再整備

三宮再整備・三宮北交差点改良工事 ロータリーの改造・土木工事が本格化 歩行者空間の拡張始まる



9月下旬より整備工事が開始された三宮北交差点改良工事。着工から1.5ヵ月が経過しましたが、現状のところ工事の対象はJR三ノ宮駅北側駅前広場のロータリー改造が主です。

プロジェクト概要

三宮北交差点改良工事









terminalbiru017.jpg

発注者: 神戸市建設局中部建設事務所
施工者: 株式会社春名工務店
施工期間: 2022年9月26日-2023年3月31日



ロータリー周りの工事施工領域が拡大しており、ロータリーの外周部にも手が入り始めました。既存のエプロン、舗装ブロックを撤去しています。



老朽化した排水溝の更新を進めているようです。真新しいU字溝が持ち込まれています。



ロータリーの西側はこれまで緩やかなS字カーブを描いていましたが、これをほぼ直角に改造し、歩道を拡大します。タクシーや白いミニバンが停車している部分も歩道になる予定です。



駅の歩道に沿って新しい排水スリットを上部に取り付けたU字溝が埋設されています。



基本的に歩道改良工事はこうした地中埋設物の更新がセットで行われるようです。



舗装ブロックの更新はロータリーのどのあてりまでをカバーする事になるのでしょうか。



ロータリー内の車道のアスファルトも打ち直されるものと思われます。まだどちらかと言えば殺風景な駅前広場ですが、イメージ図のようにシンボルツリーや植栽、花壇の整備によって緑の溢れる潤いある駅前空間に仕立て欲しいと思います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です