三宮

三宮・加納町3丁目パーキングで開発計画が浮上 フラワーロードにおける新たなプロジェクト?



フラワーロードは加納町3丁目ある三井リパーク神戸加納町3丁目パーキング。この土地で地質ボーリング調査が実施されました。



敷地面積は300〜350平方メートルかと思われます。フラワーロードに面した南北スパンはあまりありませんが、東西に奥行きのある土地です。

フラワーロード沿いは三宮駅北側で浮上した新たなプロジェクト。最近になって相次いでいるコインパーキングとして暫定利用されていた土地の開発が更に増える様相です。どのような開発計画が進められるのでしょうか。


ただこの土地の周辺は現状、マンションに取り囲まれている状況です。賃貸マンションとなる可能性が高いとも言えますが、都心機能誘導地区の賃貸マンション建設については何の規制もありません。



一時は非常に旺盛だった栄町通や加納町3丁目交差点以北のフラワーロード周辺の賃貸マンション建設ラッシュは落ち着きましたが、三宮の北側ではチラホラと賃貸マンション建設が散見されます。



フラワーロード沿いでは県道30号線が1つの目安となって、これ以南のマンションはこれまでのところ、写真右にある賃貸マンション「ロイヤル神戸三宮」のみに留まっています。都心機能誘導地区における住宅建設は容積率内の400%以内に留める事が義務付けられていますが、あくまでも敷地面積が1,000平方メートルの開発案件に限定されます。ワンルームが中心の賃貸マンションの建設用地はそこまで大きくないので、この規制には全く触れません。



今回の神戸加納町3丁目パーキングの斜向かいでは、布引アパート及びイスズベーカリー旧本社跡の再開発が予定されている他、向かいには使用されていない老朽雑居ビルが数棟並びます。



また南側では大阪共栄信用組合が事務所とホテルから成る18階建の複合ビルを建設中です。こうした周辺の開発状況から、加納町3丁目交差点以南のフラワーロードではマンションではないプロジェクトのみに限定される事を望みたい次第です。

 

関連記事
三宮

サンセンタープラザの再開発裏側について文春オンラインで連載記事掲載 市長選2ヵ月前に出された記事は波紋を広げるか

2021年9月3日
こべるん ~変化していく神戸~
週刊誌の文春オンラインに三宮の中心に位置する大型商業施設「サンセンタープラザ」の再開発に向けた動きの裏側について取材をした記事を掲載 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です