名谷

リノベーション神戸・名谷駅ビルは「tete(テテ)名谷」へ 2024年度に全面開業予定 名谷に新風を吹き込む商業施設



新北ビルの建設工事が進む名谷駅ビルのリニューアルプロジェクト。新ビル建設と既存駅ビルの改修及び駅ビル施設全体の運営を執り行うJR西日本アーバン開発株式会社及び保有者の神戸市より、リニューアル後の施設名称が「tete(テテ)名谷」に決定した事が発表されました。



「 tete(テテ)」は、手と手をつなぐように、人と人、人と地域がつながり、神戸・名谷が目指す 「多世代共生のまち・コミュニティ」が育まれる場であることを表現しています。



新北ビルは地上3階 延床面積2,362.70平方メートルで、既存駅ビルのテナントや機能をこの北ゾーンの新ビルに移す予定です。屋上には屋上庭園が整備されるようです。

3階 ワークスペース
2階 定期券発売所、サービス、スクール等
1階 物販、カフェ、サービス等
北ゾーンのフロア構成予定です。2階に現駅ビルの2階がそのまま移ってくるようです。3階にはアフターコロナを鑑みた子育て世代にやさしい働く場「ワークスペース」が整備されます。



1階の様子を描いたイメージ。カフェや物販店舗の出店によって賑わう新駅ビルが2023年夏に誕生します。



北ゾーンの完成を待って、南ゾーンの現駅ビルの改修に着手し、1年後の2024年度に全体施設が完成する事になります。

 
2階 飲食店、雑貨店等
1階 食物販等
南ゾーンのフロア構成予定です。JR西日本アーバン開発のリーシング力を活かして、新たなテナントを多く募るものと思われます。



tete(テテ)名谷」は名谷の新たな可能性を開く駅ビル施設という位置づけです。これまで須磨パティオと大丸須磨店に偏っていた駅前の商業ゾーンに新たな風を吹き込む施設として期待できるでしょう。今後も全面開業までの道のりをしっかりと追いかけていきたいと思います。
関連記事
名谷

リノベーション神戸・名谷 北須磨支所ビルのオープン日が8月13日(火)に決定!区民サービスを充実させる新公共施設誕生へ

2024年2月20日
こべるん ~変化していく神戸~
名谷におけるリノベーション神戸プロジェクトの中核の一つである北須磨支所ビルの建設工事は外観の完成に向けて近づきつつあります。また神戸 …
名谷

リノベーション神戸・名谷 北須磨支所ビル 完成に向けて仕上げ工事が進む 周辺建物も外壁改修が開始され、一体的にリニューアルを図る?

2024年4月9日
こべるん ~変化していく神戸~
8月13日(火)にオープンの決定している名谷駅前の北須磨支所ビル。4ヶ月後の完成に向けて仕上げ工事が進行しており、段々と足場の撤去さ …
名谷

リノベーション神戸・名谷駅美装化・リニューアル工事 駅ビル北館がいよいよ今週着工 来年5月下旬の完成を目指す

2022年8月19日
こべるん ~変化していく神戸~
複数のリノベーションプロジェクトが同時先行する西神中央に対し、着手の遅れ気味な名谷ですが、ようやく具体的なプロジェクトが形になって動き始 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です