三宮センター街

ユニクロ神戸三宮店増床リニューアルオープン!一連の移転劇を演出したコーディネーターの存在は?



3月29日に三宮センター街東入口付近に立地する商業施設「スタイルプラザ」の1-5階にユニクロ神戸三宮店が移転かつ大幅増床してリニューアルオープンを果たしました。



前身のフューチャープラザがスタイルプラザに建て替えられた後、長年の間、中核テナントであったGAPが再出店するも、コロナ禍によって退店して以来、兵庫県内路線価最高値付近に大型ビルが何年も空きテナントが継続するという異常な状態がありました。



しかしながら、東隣の三和グランプリビルの解体とその跡地に新築ビルを建設し、その建物とスタイルプラザと融合させるというウルトラCのプランが描かれるという全く予想していなかった展開が待ち受けていました。



しかも増床したスタイルプラザに兵庫県下最大店舗面積を有するユニクロを誘致するという離れ業でフィニッシュ。ユニクロ神戸三宮店がオープンしたセンター街はこれまで以上に混み合っているようでした。



この一連の華麗なるユニクロ増床移転劇を裏でコーディネートしたのは一体誰なのでしょうか。鍵となるのは、三和グランプリビルの跡地に新築ビルを建設した神戸三宮開発という新会社の存在です。



スタイルプラザ、増築部分の双方も大林組が施工を手掛けました。スタイルプラザを保有する事業主がこれだけのコーディネートを画策できたとは思えないので、将来的に同ビルが立地する三宮南西街区の再開発を睨むデベロッパーが関与しているのではないかと推測しています。

また神戸マルイとユニクロが隣合い、三宮センター街のより駅近エリアに集客力の高い商業施設が集積し、駅前シフトが明瞭になり始めてています。



ユニクロ神戸三宮店が20年近く営業してきた三宮安田ビル。この移転劇に何らかの形で安田不動産が関わっている可能性はあるのでしょうか。



スタイルプラザ、神戸マルイも立地する三宮南西街区は、センター街と三宮駅の双方に面し、商業地としてはこれ以上ない理想の環境が整いながらも、北側や東側の一部は全くそのポテンシャルを活かす事が出来ていません。ユニクロのような有力なテナントを入れて土地の収益力を最大化しつつ、エリアの再開発機運の醸成を進めていく戦略なのではいでしょうか。

関連記事
三宮センター街

年明け早々からビッグニュース!三宮センター街内で大型ビル建て替え構想が水面下で進行中 2030年代の完成を目指す

2022年1月4日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸新聞は3日、三宮町1丁目・三宮センター街に面した複合商業施設である「第2・第4防災ビル」の地権者が建物の建て替えを検討している事 …

POSTED COMMENT

  1. いかなごん より:

    週末はお出かけ日和で三宮エリアの人出はすごかったですね。さっそくユニクロ覗きましたが大混雑なので買い物できる状況ではなかったです。まだ狭さは否めないのでこの5階フロア分が1フロアで収まるような商業ビルがあれば理想でした。センター街の盛り上がりを見ているとセンタープラザの建て替えをしてほしいと益々思います。あれだけの観光客が素通りしてしまっているこんなに勿体ない状況はないでしょう。

  2. EYESTAR より:

    もし、センター街再開発の機運が高まり実現すれば、
    その一環事業として、もはや無用の長物と化している
    2階部分の回廊を、三ノ宮駅やフラワーロードから連なる
    歩行者動線として再整備してもらいたいです。
    そしてその通り沿いには、魅力的なテナントを
    多数誘致して、賑わいをもたらし、回遊性も高める。
    ハーバーセンタービル2階からモザイク方面へ伸びる
    umieセンターストリートのデッキのように。

    三宮南西街区は、サンセンタープラザビルの問題により、
    このまま衰退の道を辿る様なことはあってはなりません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です