神戸駅周辺

メトロこうべ地下通路美装化工事 新開地駅の改装や中央広場のリニューアルも大幅に進行中

中央広場の愛称を選ぶ投票期間中のメトロこうべ地下通路。リニューアル工事が順調に進行しており、来月末に完成予定です。これまでは高速神戸駅から中央広場までを中心に取材を続けてきましたが、今回は初めて新開地駅側からアプローチしてみました。

 

プロジェクト概要

メトロこうべ地下通路美装化工事



コンセプトは『「まち」と「まち」をつなぐ明るく賑わう地下通路』。加えて、通路の玄関口となる新開地駅東改札口と高速神戸駅西改札口の構外コンコースの美装化もあわせて行われる予定。



工期

2021年7月から2022年3月(予定)

工事概要

地下通路部:天井仕上げの新設、柱仕上げの更新、一部床仕上げの更新(中央広場)、照明設備の更新、地上出入口階段の手摺・段鼻整備

駅部: 天井・柱仕上げ等の更新(新開地駅東改札口、高速神戸駅西改札口)

工事箇所







新開地駅へと連絡する出入口通路も既存の壁の上からパネルを取り付ける形での美装化が行われました。



新開地駅の改札外コンコースは天井パネルの刷新と照明設備の更新が行われています。



既に円柱の美装化が完了しています。壁はまだ仮囲いに覆われています。



高速神戸駅とは異なり、モノトーンのシックな装いです。



メトロこうべ地下通路と新開地駅コンコースの接続部付近の様子です。



この付近の柱から角柱となっており、石造の装いです。



この辺りはまだ天井パネルは取り外されたままで配管や配線が剥き出しです。



天井のルーバー取り付けがまだ終わっていないエリアも存在しますが、さほどの時間は掛からずに工事の完了を迎えるものと思われます。



天井ルーバー取り付け済の最西端です。まだ照明は取り付け中です。



その先からは照明の点灯が開始されています。



この通路のリニューアルが発表された後、前段階では、卓球場の改装はまだしも、照明更新と壁や天井の塗装やトリックアートやペイントを施す程度に終わっていた為、正直、この程度のリニューアルでは大きな変化は見込めないだろうと思っていました。



しかし更に今回のリニューアル工事がスタートすると、その大きな変わりようには一種の期待を感じさせます。



そしてこのリニューアルのハイライトは中央広場です。



想像していた以上に抜本的な美装化が進められています。中央広場は天井、柱のみならず、床の一部も更新の対象となっています。



最新の商業施設の内装のような装いに仕上げられつつあります。かなりクオリティーは高いと言えます。



デザイン性も高く、このクオリティーを地下通路と高速神戸駅、新開地駅全体に統一してくれていたらと思ってしまいました。



やはり予算の都合上、そこまで求める事は難しいのでしょう。この美装化工事は、国土交通省の都市構造再編集中支援事業として、国及び神戸市からの補助を受けて実施しています。



ここまでの美装化を行う訳なので、単にストリートピアノを設置する以外にも賑わいを生み出す仕掛けを検討するべきかと思います。



やはり店舗の無い地下通路の活性化はハードルが高く、全国でも老朽化した地下通路の活性化は課題になっているケースが多く見られます。神戸の場合、このメトロこうべや三宮中央通り地下通路等、その距離が長く活用の難しさが浮き彫りになっています。



高速神戸駅の駅務室周りの壁も美装化されました。今後、計画されている神戸駅前広場再整備に乗じて、再開発が周辺で進められる場合、こよ地下通路との接続を促進するような施策を検討するべきかと思います。
関連記事
神戸駅周辺

日本郵政が全国の保有施設20ヶ所の複合開発に乗り出す!神戸中央郵便局は開発対象とならない?神戸用地とは?

2023年9月23日
こべるん ~変化していく神戸~
日本経済新聞が報じたところ、日本郵政が全国に保有する郵便局や社員寮等、20ヶ所以上の施設について、複合施設として建て替える再開発を行 …
神戸駅周辺

JR神戸駅南側駅前広場整備工事と駅舎内の変化 ポテンシャルを活かすには南北間の回遊性を更に高めたい

2023年12月22日
こべるん ~変化していく神戸~
JR神戸駅の南北駅前広場は再整備が計画されていますが、まず先行整備として、南側駅前広場の一部改造が来春完成を目処に進められようとして …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です