そごう神戸店跡

サーティワンアイスクリーム 三宮フラワーロード店が10月10日に閉店 10月21日(金)にさんちかへと移転オープン



サーティワンアイスクリーム 三宮フラワーロード店はリニューアルが続く神戸阪急新館の入るSヨシマツビル1階にて、そごう神戸店時代から長年に渡って営業していました。



しかし神戸阪急のリモデルによって、新館1階のフラワーロード沿いが「インターナショナルブティックス」として、高級ブランド店の路面店が複数誘致された事により、明らかにサーティワンアイスクリームの立地はその並びに不釣り合いになってしまっていました。



恐らく神戸阪急のリモデルの方向性が決まった時点で退店の交渉が開始されていたのでしょう。昨日、10月10日(月)を以て、三宮フラワーロード店はその歴史に幕を閉じました。



しかし三宮での営業継続の為、しっかりと移転先が決定しています。新たな出店先はさんちかの7番街・スイーツメイトの北側エントランス横。8月末に閉店したタピオカドリンク専門店の「台湾甜商店」の後継テナントとしてオープンします。



グランドオープンは10月21日(金)。フラワーロード店のようなイートインスペースはありません。



さんちか内にも購入したスイーツを分け隔てなく楽しめるイートインスペースがあると、このスイーツ店が集積する7番街の新たな賑わい方として活気が生まれるのではないでしょうか。



サーティワンアイスクリームのさんちか開店は定番ではありますが、人気テナントだけに新たなにぎわいを生み出しそうです。



サーティワンアイスクリーム跡の店舗スペースは、インターナショナルブティックスの一部として新たなブティックが誘致される事になるのでしょうか。Sヨシマツビルのフラワーロード側のエントランスも神戸阪急としてリニューアルが完了しました。

関連記事
そごう神戸店跡

神戸阪急新館インターナショナルブティックスが全面オープン 神戸阪急のリモデルが本格始動 以降のリニューアルにも期待大

2022年7月11日
こべるん ~変化していく神戸~
今夏から今秋に掛けて、80億円・フロアの9割を刷新するリモデルと呼ばれる改装を実施している神戸阪急。そごう神戸店をエイチ・ツー・オー …

POSTED COMMENT

  1. 神戸の大学生 より:

    今年12月、大丸前のMICHAEL KORS跡に「Nikeストア」が130坪の広さを誇る路面店としてオープンするみたいです。

    場所の詳細↓
    https://townwork.net/detail/clc_4137300001/

    情報元URL
    https://doda.jp/DodaFront/View/JobSearchDetail/j_jid__3006566487/

  2. YT より:

    神戸阪急本館1階ですが、

    ・サンローランパリ(オープン日不明)
    ・フレッド(12月10日)
    ・ブシュロン(12月8日)

    、がオープンするようです。
    (店内に広告ボードが出ていました)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です