New Open

UNIVERSAL LANGUAGE MEASURE’Sが4月5日(金) 旧居留地にオープン


旧居留地・京町角に立つ新クレセントビル1階には米国高級スーツ専門店のブルックスブラザーズ神戸店が営業していましたが、2017年8月末に閉店。大丸神戸店に移転しました。その後、同ビル1階は空テナントとなっていまして。


最近になって内装工事が進められ始めましたので、新テナントが決まったものと注目していましたが、後継テナントが4月5日(金)にオープンする事が判明。


後継はUNIVERSAL LANGUAGE MEASURE’S神戸三宮店。向かいにはTHE SUIT COMPANY神戸三宮店が営業中ですが、UNIVERSAL〜は同ブランドを展開する青山商事が2016年に新たに立ち上げたオーダーメイドのスーツセレクトショップです。


兵庫県内では初出店となります。新クレストビルの北側の三信ビル1階には洋服の青山三宮店が出店しています。従って青山商事が交差点を囲むようにスーツ店の包囲網を築き上げる事になります。


ちなみに新クレセントビルは個人的に旧居留地内では好みのオフィスビルです。1992年竣工で地上10階 地下2階の高グレードビル。


安田不動産関西支店もこのビルに入居しています。

低層部はピロティを備え、コーナー部はガラスカーテンウォールを採用。デザイン性に非常に優れています。新と名称に付いているのは元々この場所にはクレセントビルがあったからです。低層部には旧ビルのレリーフやキーストーンを復元・再生しています。

最近はこんな高グレードのオフィスビルの建設はなかなかお目に掛かれませんが(オフィスビルの建設自体が稀有ですが)、三宮の再開発による効果を期待したいですね。

関連記事
New Open

神戸ダイヤモンドビルの商業ゾーンが完成 3ブランドのメゾネット店がオープン 大丸神戸店は大丸トップの売上を維持するが来期以降は?

2023年5月19日
こべるん ~変化していく神戸~
低層階の商業ゾーン化を進めていた旧居留地の神戸ダイヤモンドビルに全てのテナントが出揃い、プロジェクトが完了しました。  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です