JR三ノ宮駅改修構想

JR三ノ宮駅 三宮ターミナルビル撤去工事 北面仮設工事の進捗



タワークレーンの登場から約1ヵ月が経過したJR三宮ターミナルビルの撤去工事。2機のタワークレーンによってビル外側の仮設工事と内部の解体工事が進行しています。通常の解体工事であればあっという間に建物が足場で覆われた後に上階からバリバリと解体が進みますが、ターミナル駅の駅ビル解体はそうも行かないようです。



南面の仮設工事はほぼ完了していますが、北面は現在、作業真っ最中です。不思議なのは後発の西面と北面は既に足場の上から防音パネルの取り付けが始まっている点です。



北面と西面一部の突き出た低層部はまだ仮設工事が進んでいません。



それもそのはず。この部分は新快速の停車する三ノ宮駅4番ホーム姫路方面行きに接しているのです。



しかし足場を設置する準備の為か、等間隔で壁面に丸い穴が開けられています。



東面外壁のポートライナー三宮駅の真上にも鉄骨の構造体が現われました。



SANNOMIYA TERMINAL HOTELのロゴが入った東側の塔屋や壁面はまだ足場に覆われていません。時計回りに北面から東面を経て、グルリと一周して建物全体を覆うようです。

関連記事
JR三ノ宮駅改修構想

JR新駅ビルが中心となる駅周辺動線改良はどう進められるのか?新駅ビルえき・まち空間の整備の要となる施設

2021年10月7日
こべるん ~変化していく神戸~
2029年にJR三ノ宮新駅ビルが開業するという具体的なスケジュールが決定しました。駅ビル建設は、神戸市が進めている都心・三宮再整備の …

POSTED COMMENT

  1. 横浜市民 より:

    三ノ宮のクロスファイア計画見てスゲーって思いましたけど
    本当に実現できるかどうかが問題ですね…

    それはそうと最近神戸の人口超えたと言われてる
    川崎の武蔵小杉が年々凄いスピードで進化していてビックリします…タワーマンションばかりですが最新建築ばかりで圧倒されるのでよければ地域探訪で行ってみてください!
    近所の田園調布の多摩川浅間山神社から見た武蔵小杉の夜景はサイバー感凄い…
    関西で言えば西宮北口ですね
    もちろん商業は西北が断然上ですが見た目は武蔵小杉凄いです..

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です