JR三ノ宮駅改修構想

JR三ノ宮駅構内にシェアオフィス「Work PLACE COCOLO 」が9月13日(月)に開業



JR西日本とJR西日本不動産開発はJR三ノ宮駅構内に同社が運営するシェアオフィス「Work PLACE COCOLO SANNOMIYA」を9月13日(月)に開業すると発表しました。



Work PLACE COCOLOはJR西日本が進めるシェアオフィス事業のブランドで、管内にこれまでに天王寺、高槻、姫路に開業しており、三ノ宮は4箇所目となります。



リラックスできるオープンワークスペースと、半個室ブース、防音ブースを用意。平日のみの営業であさ8時から夜8時までオープンしています。



シェアオフィスは中央改札外コンコース内の高架下2階です。



開業まで1週間に迫り、最終開業準備が進められていました。



これまで女性専用のパウダールームやリラクゼーションテナントが営業していたスペースとなります。



テナントだったDr.ストレッチは国際会館斜向かいのプログレス神戸に移転しました。



この区画は割と頻繁に業態を変えて運営されているイメージです。



改札を出てエスカレーターを上がると、シェアオフィスという利便性の非常に高い立地です。三ノ宮以外のWork PLACEは皆、駅構内ではなく、駅周辺のテナントビル内に設けられていますので、三ノ宮の立地の良さはピカイチです。



予約不要のオープンワークスペースが大半を占めるので、三ノ宮を訪れるビジネスマンに重宝される事になるでしょう。うまく行くと今後、駅周辺にも続々とシェアオフィスが増えるかもしれません。



一足先の先月末に開業した「Work PLACE COCOLO HIMEJI」は大手前通りにある姫路NKビル内の2フロアを占めます。少し駅からは離れますが、その分、スペースに余裕があります。姫路のオフィス需要はどちらかと言えば、駅反対側の北口に集中していますが、どのように活用されるでしょうか。



高架下フラワーロード沿いのテナントが三宮一貫楼から駅弁市場にいつの間に入れ替わっていました。7月末にオープンしたようです。



相変わらず三宮ターミナル跡地には地下への入口がぽっかりと穴を開けています。先日、JR西日本は体力増強の為の公募増資を発表。最大2,786億円を調達し、この内、1,000億円を大阪駅西と広島駅の再開発に投じる予定ですが、三ノ宮駅は二の次のようです。今年度に延期された新駅ビルの都市計画決定は更に遠のきそうです。

関連記事
JR三ノ宮駅改修構想

JR三ノ宮駅 三宮ターミナルビル撤去工事 全面に防音パネル取付開始 新駅ビルに課されたハードル

2019年6月24日
こべるん ~変化していく神戸~
JR三ノ宮駅の三宮ターミナルビル撤去工事は仮設作業が大詰を迎えつつあります。西・北面から開始された防音パネル取付も南面に波及し始めました。  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です