こべるん ~変化していく神戸~
F.O.インターナショナル本店跡

F.Oインターナショナル本社ビル解体工事 建物地上部解体完了 河南ビル・BAL ANNEX改修中



なかなか終わりそうで終わらない旧F.Oインターナショナル本社ビルの解体工事。当初の予定では昨年末までの完了を計画していたようでしたが、その後、約3ヶ月も工事を継続していました。予期せぬ事態があったのでしょうか。



しかしようやく工事も終了を迎えたようでビルのあった土地はすっかり平らな更地になりました。



ただ解体は既存建物の地上部のみだったようで地中の外周の躯体や基礎はそのまま残されているものと思われます。

これから建設される商業ビルは地上6階建てと規模的には以前の建物と同等かそれより少し大きい程度かと思われるので、既存の基礎を再利用して地上の建物を新築する可能性があります。21年末竣工予定なので、着工は今年年末位でしょうか。これから半年程はコインパーキングとして暫定利用されるかもしれません。



トアロードで改修中の河南ビル。仮設が撤去されて化粧直しされた建物正面が現れました。近代建築なので基本的に形状には手を付けず、塗装や窓枠等の刷新がメインの改修でした。



1階部分がまだポッカリと口を開けています。耐震改修も進められているのではないかと思います。煉瓦のフレームは元々の建物の外壁でしょうか。1階はテナントを募るのではないかと思います。アパレルや雑貨店が望ましいでしょう。



トアロードの西側でも改修工事が進められています。一帯はBAL村となっており、BALの保有するANNEX棟が複数立ち並びます。その中でPLSTが営業していた閉店し、改修工事が行われいます。



神戸BALはANNEX棟の新築と本館の改修完了後、サウスストリートの小さなANNEXの改修を順次実施しています。神戸らしい裏通りを体現した神戸BAL周辺はいつも新鮮味ある雰囲気を感じられる空間を演出しています。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です