こべるん ~変化していく神戸~
ニュース

ミント神戸来館者3000万人突破!

mint00

JR三ノ宮駅前に聳える高層複合商業ビル「ミント神戸」が2006年10月の開業より3年を経て来館者が3,000万人と突破したそうです。平均すると年間1,000万人の来館者があるという計算になります。ハーバーランドの来街者数が年間約3,400万人というデータがありますが、単独の商業施設としての集客力という点では成功を収めていると言えます。立地状況は申し分なく今後も阪神三宮駅の東口と地下階での接続やぺデストリアンデッキの延長等アクセスの向上予定されており、まさに三宮のシンボル的存在として不動の地位を確立しています。

mint01

これまで三宮駅南側地区の東エリアは商業地としては冴えませんでしたがミント神戸の開業により人の流れに変化が現れました。今後も旭通4丁目の再開発が控え(着工時期が延びていますが、無事来年3月には工事が開始されるようです)、ポテンシャルは高い地域です。

mint02

写真は昨年のクリスマス時期のミント神戸です。

しかし前々から不思議に思っていましたが、無料で入場できる施設や特定地区の来館/来街者数は一体どうやって計測するのでしょうかね。有料施設ではチケットの販売があるので正確な数値が確定できるかと思いますが。またルミナリエ等の一定期間開催されるイベント等ならば通常時の各駅の乗降客数から増加分を差し引けばある程度の来場者は特定できるかと思います。どなたがご存知ですか?

ちなみに全国各地の商業施設年間入場者数は:

六本木ヒルズ        4,400万人
丸ビル               1,900万人
なんばパークス      1,800万人
キャナルシティ博多  1,200万人
COREDO日本橋    1,100万人

ところで三宮のランドマークとして相応しいのはどの施設でしょうか。ミント神戸ももちろん候補の一つですが、他に国際会館や神戸市役所、さんセンタープラザやセンター街等も挙げられます。将来的に旭通再開発の神戸一の超高層タワーや阪急会館が再建された暁にはこちらも十分、可能性がありますね。




関連記事

POSTED COMMENT

  1. ビルビル より:

    因みに3000万人目はカップルだったみたいですね。たしかに、人数はどうやってカウントするんでしょうかね…。出入り口にセンサーでもついているのでしょうか。あと旭通4丁目再開発計画ですが、今年の暮れくらいから工事着工と聞いていましたが、そんな気配がないので中止になったのかなと思っていましたが、3月から着工されるんですね!地上14階建てのホテルも建設されるみたいなので楽しみです。

    神戸のランドマークになりそうですね。

  2. こべるん より:

    ホテル棟は商業施設を含み高さは60mに達する予定だそうです。195mの超高層棟は神戸では相当の高さに感じるはずです。関電ビルのトップより25mも高いですからね。

  3. ビルビル より:

    旭通4丁目再開発計画ですが本日、車で前を通りかかった際、高層棟の方の工事予告掲示板が貼ってあったので見てみたところ、階数は54階だったのですが、なんと高さが176メートルと書いてありました。ちょっとショックでした。この高さでも神戸一にはなりますが…。



  4. こべるん より:

    前々から高さ176mというのは実は報道されていました。54階の階層と完成予想パースから見て取れる高さのある塔屋を考えると「最高高さ」が176mという数値は考え難いと思われます。従って176mはほぼ間違いなく軒高でしょう。ですので私は悲観していません。195mの高さで間違いないと思いますよ。

  5. ビルビル より:

    なるほど、176メートルというのは塔屋は含まれていないと考えていいのですね!ありがとうございます。工事予告掲示板が出たにも関わらず中止になったプロジェクトが以前、幾つかあったので特にこの大規模プロジェクトは無事行われればいいなと思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です