こべるん ~変化していく神戸~
ファミリア本社跡

パークハウス ザ・神戸タワー新築工事 相生町1丁目計画

parkhousekbtower01.jpg

前回、タワークレーンの二基目の設置が開始された模様をお伝えした相生町1丁目で建設中の超高層マンション「ザ・パークハウス 神戸タワー (地上33階 地下2階 塔屋2階 高さ116.95m 延床面積39,520.55平方メートル 総戸数352戸)」。三菱地所レジデンス、安田不動産、JR西日本不動産開発、三菱倉庫が事業主で、大林組の設計・施工で工事が進められています。

parkhousekobe03.jpg

タワークレーン二基体制で本格的に地上躯体の構築を開始する段階に突入しました。

parkhousekobe04.jpg

やはりタワークレーンが複数聳える建築工事はワクワク感が異なります。

parkhousekobe05.jpg

これからグングンと高さを増していく事でしょう。

parkhousekobe06.jpg

コンクリート打設が完了している2階軒の部分です。

parkhousekobe07.jpg

南側のコーナー部です。

parkhousekobe01.jpg

本邦初のポートタワーから望む現場です。ちょうど遮る物もなく綺麗にこのタワーの成長過程を定点観測出来そうです。

parkhousekobe02.jpg

引いて見ると、こんな感じです。神戸クリスタルタワーと神戸ハーバータワーの間を埋めるようににして建ち上がってくるので、立地的な見栄えも◎です。本当は隣の三井不動産が建設したパークホームズ神戸の場所にタワーが建つ事を期体していたのですが、これは実現しませんでした。しかし三菱地所がその想いを成就してくれる事になりました。今後の成長が楽しみです。夜景への貢献も期待できる事でしょう。



関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です