その他都心プロジェクト

NTT西日本葺合別館は解体?再開発の可能性

ntttoshi03.jpg

※追記となりますが、この建物はまだ暫くは解体されずに活用されるようです。詳細についてはまた後日、別の記事を掲載したいと思います。

中央区小野柄通4にあるNTT西日本兵庫支店葺合別館。かなり年季の入った建物ですが、すでに閉鎖されています。南側の角地にあった数台のみのコインパーキングも同様に閉鎖されています。

ntttoshi02.jpg

恐らく老朽化に伴って閉館となったものと思われますが、今後、解体される可能性が高いです。その後、自前で建て替えるのか、売却して開発されるのか。東西に広い敷地で、敷地面積は1,500-2,000平方メートルはありそうです。

ntttoshi01.jpg

北側に隣接してNTTの子会社であるNTT都市開発が建設した大型オフィスビルのアーバンエース三宮ビルがあります。

さて再開発されるとする場合、どんなパターンが考えられるでしょうか。

① アーバンエース三宮ビル同様にオフィスビルを建設
② 分譲マンションを建設
③ 土地を分割し、西半分にビジネスホテル、東半分に分譲マンションを建設
④ コインパーキングを開設

この中では①の可能性が最も低いですが、竣工したばかりのリリープラザのように有力企業の1棟借りやホテルと組み合わせた複合ビル化であれば、可能性は高まるかもしれません。

②は売却になると、取得額が高額になる可能性があり、タワー型マンションでなければ投資額の回収が困難になるかもしれません。ただ都心部は市が超高層住宅建設の制限を掛けようとしている結果、新規分譲マンションの着工は抑制されています。また自社開発でウエリスブランドの分譲という形であれば話は別ですが、板状15階マンションというつまらないケースになるのは避けたいところです。

③は個人的に最も現実的なのではないかと思っています。土地の分割によって規模が小さくなり、投資額も抑えられるので自社開発にせよ他社売却にせよ手を出しやすくなります。

④は最も残念なパターンですが、暫定的にはあり得ると思われます。板状マンションになるよりは将来的に開発する可能性を残すので良いのかもしれませんが。

いずれにしてもバスターミナルビルの再開発を睨んでエリアの不動産取引が今後、活発になる事は規定路線でしょう。NTT都市開発はJR神戸駅近くの自社保有地で放送局とホテルの複合ビル開発を計画しており、この葺合館の開発の行方も非常に気になるところです。



関連記事
その他都心プロジェクト

ワコーレ・トアロード・ザ・スイートの建設状況

2015年4月16日
こべるん ~変化していく神戸~
トアロード沿いにあった明治生命三宮ビル跡に和田興産が建設中の分譲マンション「ワコーレ・トアロード・ザ・スイート」の現況です。地上14階 地下1階 住戸48戸 店舗1戸の計画です。躯 …
その他都心プロジェクト

三宮三和東洋ビル改め井門三宮ビル改装中

2013年2月10日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮・国際会館前交差点のランドマークの一つである三宮三和東洋ビル改め井門三宮ビル。四角いビルの角に円筒を取り付けたようなデザインが目を引く特徴的な建物ですが、現在、その円筒部分に改 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です