新港突堤西地区再開発

新港突堤西地区再開発事業

pierwest24.jpg

事業提案公募によって住友不動産を代表とする企業グループに優先交渉権者が決定した新港突堤西地区の再開発用地およそ3.3ヘクタール。いよいよ本格的に敷地内にある既存建物の解体撤去工事が開始されました!

pierwest18.jpg

解体が始まったのは超高層の住宅棟、GLION業務・商業棟、駐車場棟の建設される北側の街区です。

pierwest13.jpg

街区を4つに分けて異なる事業者が解体工事を施工しています。

pierwest15.jpg

新港第1突堤基部建物とりこわし工事その1〜4が同時進行中です。約2ヘクタールに及ぶ広大な更地化が進んでいます。これらの解体工事は早いもので来年1月、遅くとも2月末までに完了し、年度末までに用地の引き渡しが行われる予定です。

pierwest16.jpg

アクアリウムを中心とした文化施設棟とフェリシモの業務・商業棟の建設予定地です。ここに立っていた倉庫は数年前に解体されています。この街区は2019年に着工する予定です。

pierwest23.jpg

今後、諸々のステップを経て、来年5月末までに都市計画決定が行われます。この再開発が完了すると、ウォーターフロントの様相や印象は大きく変わる事でしょう。これに阪神高速湾岸線の西伸部が開通すると、神戸港の風景は格段にスケールアップします。



関連記事
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸のデザイン詳細判明 住友不動産・関電不動産開発が遂に物件プレスリリースを発表!

2020年11月28日
こべるん ~変化していく神戸~
ウォーターフロントの大規模再開発プロジェクト「三宮新港町計画」のランドマークであるツインタワーマンション「ベイシティタワーズ神戸」の …
新港突堤西地区再開発

新港第2突堤とその基部の上屋や倉庫・事務所群の解体が大詰めを迎える 再開発がいよいよ始動へ

2022年3月18日
こべるん ~変化していく神戸~
新港町の再開発は西地区がツインタワーマンション以外は建設工事や道路改良工事も完了し、いよいよ次のステージである第2突堤周辺へと移行し …
新港突堤西地区再開発

KPM神戸ポートミュージアムが開業!かつての倉庫街・新港町エリアに賑わいが生まれる ウォーターフロント新時代の幕開け

2021年11月1日
こべるん ~変化していく神戸~
合同会社AQUART神戸が計画し、大成建設の設計・施工によって建設を進めてきた三宮新港町計画の再開発エリアで最大の複合商業集客施設「 …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ・歩行者デッキネットワークの構築が終わりに近づく 臨港道路上の歩道橋供用開始 駐車場棟とKPMが繋がる

2022年2月7日
こべるん ~変化していく神戸~
新港町再開発地区で建設されている建物群を地上2階レベルで連絡する歩行者デッキネットワークの構築が進められていますが、ようやくその大半 …
新港突堤西地区再開発

新港第2突堤とその基部の上屋や倉庫・事務所群の解体が開始される 新港町再開発は第二フェーズへ突入

2022年1月14日
こべるん ~変化していく神戸~
新港町は西地区の再開発が進み、ウォーターフロントエリアの新たな賑わい創出に成功していますが、まだ中央から東側に掛けては大小様々な倉庫 …
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 新港突堤西地区再開発 GLION Awa-s Buildingの外構工事も完了 来月の1-3階ショールームオープンに向けて内装工事が進む

2021年6月17日
こべるん ~変化していく神戸~
建物本体は竣工し、GLION本社もこの新築ビルに移転・稼働開始しています。その後、建物周辺の外構工事やショールームとなる1-3階の内 …

POSTED COMMENT

  1. kenkenbooboo より:

    この新港突堤西地区の南東側の住友、三菱、三井の倉庫群で、住友の倉庫と事務所などは早期再開発を望みますが、東側三井、三菱の3大型倉庫はよく見ると窓枠や建物仕様に趣が感じられ取り壊すには惜しいような気がします。
    外壁を塗装替えやレンガ仕立てにクラシカルにすれば、中は天井が高いのでコストコとかヨドバシカメラなど大型量販店にリノベーション出来て賑わいに寄与するような気がします。こういう倉庫こそ腰巻ビル仕様にしてリゾートホテルかタワーマンション複合ビルにしてもいいと思いますがどうでしょう?

    わたし自身は三宮クロススクエアより、この新港地区こそ全体を歩行者天国にし、東に向けてLRTをHATまで敷設する方が周囲の歴史的景観にマッチする開発になると夢想しています。笑

  2. sirokuma より:

    新港町動き出しましたね。賑わい創出としては物足りなさは依然残りますが、楽しみですね。
    ところで、HAT-三宮-元町-神戸など、ウォーターフロントの交通手段ですが、LRT・BRTも良いのですが、これ、福岡市の案をパチッちゃうのは如何でしょうか?(笑)。
    http://qbiz.jp/article/124024/1/
    ロープウエー構想ですって、福岡市長は突飛で大胆ですが面白いですね。
    神戸なら、ロープウェイがトランジットモールの上をすり抜け海岸線をUmieまで走るなんて…市民の足のみならず、観光都市としても目玉になりそうな夢があり楽しい企画になるんですけどね。

  3. ウエストン より:

    https://digitalpr.jp/r/23661
    そういえば神戸で都市型ゴンドラ提案してる人いましたね。
    確か市会で却下されていたように思います。

    六甲おろしで風が強い神戸だとすぐに止まってしまいそうです。

  4. 夜景好き より:

    そのような都市型ゴンドラが天候の影響を受けやすいのは想像できますが、実際1年間で運行に支障がでる日数ってどれくらいあるんでしょ?
    眺望こそが神戸の最大の資源だと思っているので、非常に魅力的な案だとは思いますけどね。
    もちろん事業者にとっては運行できなければ多大な負担にはなるでしょうけど、市会で頭ごなしに却下されたのであれば残念です。
    神戸にワクワクする夢を見せてほしい。

  5. しん@こべるん より:

    ゴンドラはとても楽しい計画ですね。眺望も楽しめるし、個人的には毎週末に利用するかもしれません。ただあまり輸送力がありません。どこかでは実現して欲しいですが、投入する場所が難しいですね。観光としても普段の足としても使えなければ採算性がとれないので。

  6. しん@こべるん より:

    個人的には古い倉庫の意匠にはあまり魅力を感じていないので、取り壊して欲しいですが、化粧直しすると印象も変わるでしょうか。今後の倉庫群の再開発促進は賛成です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です