こべるん ~変化していく神戸~
ポートアイランドII期

(仮称)京コンピューター前駅前パイロットビル新築工事

pilot16.jpg

ポートライナー京コンピューター前駅前で建設が進められている「(仮称)京コンピューター前駅前パイロットビル」。地上5階建て、延床面積9467平方メートルの建物になる予定で細胞培養対応スペース、ウエットラボ、事務所、利便施設(コンビニ等)が入居します。前回取材を行った際は基礎工事が完了を迎えつつありました。今回は鉄骨建方が開始されていました。

pilot17.jpg

まずは敷地の東側から鉄骨が組まれ始めています。かなり階高があります。

pilot18.jpg

通常の5階建てビルよりも高さがありそうです。まだ最高部は4階ですが、かなり大きく感じます。

pilot19.jpg

5層まで達するとかなり迫力が出てきそうです。これでまだ建物全体の半分の大きさです。

pilot20.jpg

京コンピューター前駅と連結する歩行者デッキから工事の様子が手に取るように分かります。足元周りにはこれから使用されるH鋼やデッキプレートが並べられていました。

pilot21.jpg

こちらがまだ鉄骨建方が開始されていない西側半分の基礎及び地上階の床。コンクリート打設が終わり、綺麗な床です。2台のホイールクレーンが投入されています。使用されている鉄骨は表面塗装のされた新品のようです。

pilot22.jpg

歩行者デッキと建設中の京コンピューター前駅前パイロットビル。デッキの先端は延伸されて同ビルの2階に連絡する予定です。このビルの設計は優れたデザインで定評のある安田建築設計事務所が請け負っています。公表されているパースがあまりにも小さくて掲載する程ではないのですが、かなり斬新な外観を纏った建物になる予定です。

pilot23.jpg

この建物の敷地は広大で使用されていない空地が多く残っています。敷地西側では何やら砂利を敷き詰めて造成が始まっています。駐車場の整備でしょうか。

pilot24.jpg

京コンピューター前駅前パイロットビルの北側で建設中の榎本薬品神戸支店ビル。こちらはすでに外装材の取り付けも終わっているようです。



関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です