元町

鯉川線道路改良工事その2 元町駅前の歩道改修もスタート

鯉川筋の道路改良工事その2は11月末の完了を予定して作業が進められています。鯉川筋沿いの歩道の改良はほぼ完成間近の状態となり、いよいよ仕上げとなる元町駅前の横断歩道周辺の改修に着手しています。



中央幹線と交差する交差点のコーナー周り。エプロンの位置を変更して、中央幹線側の歩道を車道に大きく迫り出させました。



横断歩道前の一車線を完全に潰しています。新しい側溝や段差フリーのスロープも整備が進みました。



多くの人々が信号待ちで溢れてたこの場所の歩道拡大は



既存の舗装ブロックは全て撤去されて、南側の歩道で採用されているグレーでシックなタイルで敷き詰められると雰囲気は大きく変わる事でしょう。



舗装の更新はすぐ南側まで進められています。



まだ新たに設置された街灯はポールのみで照明設備は取り付けられていません。

この南側で交差する三宮中央通りは全国に先駆けて御堂筋等と共に『ほこみち』に指定されましたが、コロナ禍における影響か、特段と言って何か特別な事が行われている訳ではありません。コンテナハウスやキッチンカーが沿道に並ぶ賑わいの通りへと変貌を遂げられるのはいつになるのでしょうか。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です