須磨水族園

須磨海浜水族園・神戸須磨シーワールド 神戸須磨パークス&リゾーツホテルと駐車場棟の建設状況 駐車場棟は竣工/ホテル棟も躯体工事が進む



来春の開業まで残すところ1年に迫った神戸須磨シーワールド。敷地内各施設の建設も各々が終盤に入りつつありますが、既に1番乗りを果たす建物が出てきました。



施設の中では、最も遅く着工した敷地最東プロジェクトにある立体駐車場棟が完成しました!



地上4階建の立体駐車場棟は、残された南側の平面駐車場と合わせて1,000台の収容キャパシティを確保します。



駐車場棟北側では外構工事が進められています。通路や広場も整備され、シーワールドのおもてなし空間となります。



三宮・新港町計画でも駐車場棟が真っ先に完成しました。須磨海浜公園の利用時にも活用される駐車場なので、シーワールドの開業前に供用が開始されるのではないかと思われます。



南側平面駐車場へのエントランスも既にゲートの機械が刷新され、これまでの駐車券発行式からナンバープレート画像読み取り式に変更されています。



また駐車場入口付近に管理棟も建てられました。



シーワールド来館者は立体駐車場、ビーチ等須磨海浜公園の来園者は平面駐車場を利用するような棲み分けが出来てくるのではないかと思われます。



駐車場棟2階から、シーワールド方面へと連絡する歩行者デッキの構築も開始されています。



歩行者デッキは、神戸須磨パークス&リゾーツホテルの前に伸びています。



神戸須磨パークス&リゾーツホテルの躯体工事も地上5階にまで達しており、存在感を増してきました。



三日月状の形状をしている為、北側から眺めると、コロッセオ風に見えます。



南側からは翼を広げている鳥のようです。中突堤の神戸メリケンパークオリエンタルホテルは、神戸港のランドマークであり、泊まってみたいと思わせる風格がありますが、このホテルもシーワールド来館者や公園来園者に同様の憧れを抱かせる存在になるのでしょうか。



高潮や津波対策として、ホテル敷地は嵩上げされています。左側のコンクリートの擁壁の内側にはプールが整備される予定です。



上棟まであと1ヶ月程でしょうか。特徴的な頂部両側の塔屋の構築が始まるのが楽しみです。



須磨ビーチからも至近距離にあり、リゾート性は抜群のホテルとなる予定です。



大きなポテンシャルを感じさせる一大シティリゾート・エンターテイメントエリアが形になってきました。コロナも収束を迎え、万全の体制で来年のグランドオープンを迎える事になるでしょう。話題性も非常に大きく、神戸市内最大級の広域圏集客施設となる可能性が高いと思われます。

関連記事
須磨水族園

須磨海浜水族園・神戸須磨シーワールド 須磨海浜公園再整備工事 立ち上がってきた各施設の地上躯体

2023年1月12日
こべるん ~変化していく神戸~
来春の開業を予定している神戸須磨シーワールド。残り1年3ヶ月程の工期となり、建設されている各施設の地上部躯体工事の進捗が目を見張るまでに …
須磨水族園

須磨海浜水族園・神戸須磨シーワールド 須磨海浜公園再整備工事 各施設の躯体構築が進む 須磨海浜公園内のA〜C棟の建設もスタート

2022年10月31日
こべるん ~変化していく神戸~
前回の取材から1.5ヶ月空けての須磨シーワールド及び須磨海浜公園再整備状況の様子をレポートします。開業まで約2年強に迫り、建築される …
須磨水族園

須磨海浜公園再整備 にぎわい施設B・C棟には「レッドロブスター」とポトマックの「YURT」が出店 A棟のフロア構成は?

2023年6月12日
こべるん ~変化していく神戸~
今年9月に先行オープンを果たす予定の須磨海浜公園西側エリア。テナントの入るにぎわい施設3棟の開業や広場のリニューアルに向けての再整備 …
須磨水族園

須磨海浜公園再整備 9月1日(金)オープン間近の「松の杜ヴィレッジ」の様子を直前確認 公式サイトもオープン

2023年8月23日
こべるん ~変化していく神戸~
先週、サンケイビル他で構成される企業コンソーシアムが進めている須磨海浜公園及び須磨海浜水族園の再整備について、西側園地及び3棟のにぎ …
須磨水族園

「須磨海浜水族園・海浜公園再整備事業」の事業者公募プロポーザル 優先交渉権者決定!総工費370億円の一大リゾートへ!

2019年9月13日
こべるん ~変化していく神戸~
4月より公募を開始していた「須磨海浜水族園・海浜公園再整備事業」のPark-PFI方式による事業者選定について遂に結果を発表し、サン …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です