JR三ノ宮新駅ビル

阪神電車・神戸三宮駅サービスセンター移設工事が進行中 JR三ノ宮新駅ビルの建設開始前準備の一環か



阪神電車の神戸三宮駅東口改札外コンコース内の一画に仮囲いが設置されて何やら内装工事が進められています。



さんちかへと通じる通路角が囲われている状況です。以前より改札前なので店舗を誘致してエキナカ化すれば需要はあるのではないかと思っていたので、いよいよテナント区画を造っているのかと思いました。



8月下旬からスタートしたこの改装工事。10月下旬までの2ヶ月の工期で進められています。施工は阪急建装が担っています。



工事名称は「神戸三宮駅サービスセンター等移設工事」。



東口に所謂窓口業務を行う神戸三宮駅サービスセンターを移設する為の工事でした。



現在のサービスセンターは西口にあります。2013年に完成した三宮駅の大改修の際にこの場所に設置されました。比較的まだ新しい現在のサービスセンターですが、東口の新センターが完成後にはこの現在のセンターはどうなるのでしょう。また何故、移設が必要なのでしょうか。



その理由はこのセンターの位置が関係していると言えます。



このセンター横には地上階へと連絡する階段があります。あまり利用している人はいない秘密の階段のようです。



この階段を登ると、どこに出るでしょうか。答えは神戸阪急の2階・グランパティオに連絡し、中央幹線を跨ぐ歩道橋の真下、三宮駅前交番の南側です。



来年に着工するJR三ノ宮新駅ビルは現在の駅前広場南西側一帯を開発用地に充てて建設されます。従って、このサービスセンター周辺の地下エリアは新駅ビルの真下となる為、工事が開始されると封鎖の対象となるのです。



このUFOのようなSFチックな天井照明も姿を消す事になるでしょう。



地下の封鎖空間がどこまでを対象とするのか。三宮ターミナルビルの解体時には地上では新しい仮設動線が整備されましたが、地下でも工事期間中は同様の迂回路が整備され事になるのでしょうか。新駅ビルが着工すると、地下、地上を含めて再度、新たな仮設動線が設定され直す事になるでしょう。



着工に向けて着々と準備の進むJR三ノ宮新駅ビル。まだ具体的な着工時期は示されていませんが、来年の今頃には既に工事が開始されているでしょうか。

関連記事
JR三ノ宮新駅ビル

三宮駅歩行者デッキ設計競技(コンペ)審査の結果が発表される! 中央復建コンサルタンツ/安井建築設計事務所/ジェイアール西日本コンサルタンツが最優秀作品を獲得

2021年6月2日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は昨年10月に「新たな神戸の玄関口にふさわしい上質で洗練された空間をつなぐ歩行者デッキ」をテーマとした三宮駅周辺の歩行者デッキ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です