高架下

開業したモトコー7街区の一部の様子をレポート ディープから小洒落た商業施設へのイメージ転換を図る その2



3街区の一部と同時にリニューアルオープンを果たしたモトコー7街区。更に神戸駅前寄りの立地ですが、デザインは3街区とほぼ同様の煉瓦の外壁にモノトーンのフレームという造りとなっています。



こちらの街区には、ゴルフ練習場や時計修理店、アパレル店等が出店。



唯一、3街区と異なるのは、通路上の天井照明が四角いフレーム型ではなく、一直線のライン型という点です。こちらも通路内にはBGMが流れていました。



まだ空き店舗が複数ありますが、Coming Soonと案内マップには表示されているので、更なるテナントの出店準備は進むのではないかと思います。



屋内ゴルフ練習場は最も大きな区画を占めています。24時間の営業時間の予定です。



将来的には三ノ宮-元町間のピアザ神戸もこのようにお洒落にリニューアルするのでしょうか。



三宮クロススクエアの整備が進んで、中央幹線が綺麗になっても、三宮交差点以東の高架沿いが今のままでは見映えもよくありません。モトコーのように美しくリニューアルが必要でしょう。



モトコーのように高架下が美しくなると、中央幹線のイメージも大幅に向上します。向いのサンセンタープラザもいずれは再開発される事になるので、高架側をみすぼらしいままにはできません。



ゴルフ練習場は10月22日のオープン予定です。



7街区にはもう一つ仕掛けがあります。北側にポッカリと空いた入口。



中に入ると、中央に階段と両側にスロープがあります。



2階は駐輪場になっています。現在の所は無料で利用出来ます。



全区間のリニューアルが完了する2024年。新しいモトコーはどのような変化を元町-神戸駅間にもたらすでしょうか。新しいテナントが集う事で、新たな賑わいが生まれるかもしれません。

もっと飲食店も増えてグルメストリート化も目指して貰えると、より沢山の人が訪れるようになるでしょう。



7街区のすぐ東側は耐震化工事は完了していますが、内側に仮囲いが設置されています。7街区の拡大整備を行っているのでしょうか。



今回、リニューアルの完了した3街区、7街区はまだ全体から見ればほんの一部です。リニューアル工事はこれからが本番と言えます。全国的にもここまで大規模な高架下商店街は稀有な存在ですが、これを全区間に渡ってリニューアルする例もまた稀有です。今後のリニューアル街区の誕生に不安と期待を寄せつつ、全体の完成を見守っていきたいと思います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です