こべるん ~変化していく神戸~
鈴蘭台駅前再開発

鈴蘭台駅前広場及び鈴蘭台幹線再整備 ロータリーと幹線の歩道整備が進む 周辺建物の建替も散見される



4年の工期を経て今も整備工事が進行中の鈴蘭台駅再開発及び駅前広場・鈴蘭台幹線再整備。駅前広場の仮囲いが撤去されて内部の整備状況が把握できるようになった事を8月にお伝えしてから既にもう2ヶ月が経っているのに驚き、慌てて鈴蘭台に足を運びました。



なんともう鈴蘭台幹線の整備が始まっていました。



駅前を蛇行するように車道が舗装し直されています。



これに合わせて両サイドの歩道は幅員を大幅に拡大して整備が進められています。



鈴蘭台駅周辺は成熟した街なので、高齢者も多く、広くてバリアフリーの歩道は喜ばれそうです。



安全で歩き易い歩道に生まれ変わります。



ロータリーの整備も大詰めに向かいつつあります。



中央の分離帯にもオブジェが備わりました。これから植栽で緑化されるでしょう。



歩道内の花壇も完成し、こちらも植栽を待ちます。



ロータリーの一部は既に供用が開始されており、歩行空間として使われていました。



今後、駅前交番が建設される予定地です。



旧駅ビル及び改札の建物があった場所は高架の補強工事が終了し、これから舗装や高架下通路の整備が行われます。



鈴蘭台幹線の南側と駅前通りの再整備も進んでいます。交差点角地にあった建物の解体撤去が完了しました。



通りに面するようになった雑居ビルは2階までがブロックの壁面です。美観的にはあまり良くありません。今後の建替に期待したいですね。



幹線道路の再整備は東側の歩道整備が先行しています。西側には歩道は整備されるのでしょうか。



駅前のファミリーマート横の用地で鉄骨造2階の建物新築工事が進行中です。店舗ビルでしょうか。



駅前にあったJA兵庫六甲小部支店も建替の為の解体工事が進められていましたが、既に解体は完了し、新築工事が開始されています。



既に山留工事が進んでいました。鈴蘭台駅前の再整備はひとまず今年度で一区切りを迎える事になりますが、今後も鈴蘭台幹線の北区間や旧兵庫商業高校跡地の活用等の整備へと移行します。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. sirokuma より:

    兵庫商業跡地はサウンディング結果も公表されておりますし、鈴蘭台幹線の整備が早期に終わればいいのですが、ここからさらに5年10年単位で計画が間延びすれば、この地域は浮揚の機会を失ってしまいそうですね。でも計画道路付近の所有者には兵庫商業跡地への移転を要望している人もいるようですし地域がまとまれば案外早いのかも知れません。
    http://www.city.kobe.lg.jp/information/project/urban/suzurandai/briefingmaterials.pdf
    http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2018/10/hyosho_sound_result.pdf

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です