三宮再整備

葺合南54号線改良工事その4 交差点周りの仕上も進む 完成期限は7月末へ延長




完成に向けて最終工事が進む葺合南54号線道路改良工事。結局は当初予定の6月末の完成期限には間に合いませんでした。



交差点周りの西側もようやく舗装ブロックの敷設が開始されました。



車道が車1台分のみとなり、それ以外は全て歩道になりました。まるで広場のようです。



まだ交差点周り南側で舗装ブロックの敷設作業が進められています。



砂地のような土の上にブロックを設置していきます。ブロックの継ぎ目はモルタルを使うのでしょうか。



西側の歩道も大部分が完成しています。



歩道の一部は何故かアスファルト舗装されました。ブロックを埋めないのは何故でしょうか。



工事期間は最終的に7月末まで延長されました。この改良工事は道路のリデザインの先例として全国の自治体からも注目を集めているようです。であれば尚更、早期に全区間の整備を完了させるべきです。来年度に行われるその5で終わりを告げるでしょうか。

関連記事
神戸阪急ビル

神戸三宮阪急ビル完成・EKIZO(エキゾ)神戸三宮開業!!三宮再開発の急先鋒事業が遂に完了を迎える!!開業特集 Part5(夜のサンキタ通り周辺編)

2021年5月9日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸三宮阪ビルの建設・リニューアルと共に再整備が行われたサンキタ通り。石畳のプロムナードに生まれ変わり、フラットな歩行者空間としてこ …
JR三ノ宮駅改修構想

JR新駅ビルが中心となる駅周辺動線改良はどう進められるのか?新駅ビルえき・まち空間の整備の要となる施設

2021年10月7日
こべるん ~変化していく神戸~
2029年にJR三ノ宮新駅ビルが開業するという具体的なスケジュールが決定しました。駅ビル建設は、神戸市が進めている都心・三宮再整備の …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です