三宮再整備

葺合南54号線改良工事その3+周辺の建築工事近況


3年度目に入った葺合南54号線の改良工事。その3と称された工事は小野八幡神社前の交差点付近に特化して進められています。


拡張された歩道の舗装上に通りに共通のブロック石が敷設されました。グリーンのクラシックな街灯も設置されました。


古いタイルブロックを剥がして新しいタイルに置き換えています。


北側の工事はもうまもなく完了します。


よくよく考えると葺合南54号線が改良されてから夜間の様子を見た事がありません。この街灯が点灯している様も知りません。季節が良くなってきたので、一度、夜景撮影にも挑戦してこようと思います。


交差点付近では建築工事2件も同時に進行中です。今夏に開業予定の東横イン神戸市役所前は完成に向けてかなり外観が出来てきました。


既に塔屋に照電式のホテル看板が姿を現しています。


もう1件はザ・パークハウス神戸三宮。八幡神社の境内敷地の東側に三菱地所レジデンスがフジタの施工で建設中です。ようやく杭工事が完了した模様です。


既に山留工事も終わっていました。この現場では地中連続壁が構築されていました。地中に突き刺さっているような鉄骨は乗り入れ構台を支える為の支柱です。この物件のモデルルームはどこに開業するのでしょうか。

関連記事
三宮再整備

三宮駅周辺歩行者デッキ設計競技(コンペ)の実施を公告 駅南側のデッキネットワークを再編 バスターミナルI期ビルと共に完成予定

2020年10月23日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は三宮駅南側周辺の再整備の一環として駅や周辺の再開発ビル、既存ビル間の回遊性や動線の改善を目的とした歩行者デッキネットワークの再編 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です