ウォーターフロント

新港第1突堤基部に新たなプロムナードを整備 ラスイート新施設前の親水空間に



新港第1突堤基部では、ラスイートがホテルやレストラン、店舗から成る新施設を建設していますが、この基部西側の岸壁は現在、フェンスが設置されて、立ち入りが禁止されています。



神戸市は新施設の完成に合わせて、この岸壁をプロムナードとして整備する事を決定しました。



整備対象は、岸壁沿いとそこに達する京町線に接続する南北のアプローチ。岸壁はインターロッキング舗装が行われ、等間隔にベンチが設置されます。水色のエリア内の四角がベンチの配置位置です。南北アプローチも舗装が施され、街路樹も植樹されます。



従って新施設を囲むように、プロムナードが整備されます。右側の駐車場も建築計画がある為、この新設プロムナードが、これらの新施設の親水エリアとしての役割も果たす事になります。



港に突き出た海上保安庁の巡視船用の岸壁前には新たなフェンスが設置されて、こちらには一般人が立ち入りが出来ないよう制限されるようです。



第1突堤のプロムナードと新設される基部のプロムナードは南北に繋がる事になります。



新港町エリアでは、再開発に合わせて、道路改良工事がその都度行われており、殺風景だった倉庫街が整備された美しい新ウォーターフロントへと姿を変えつつありますが、施設の完成したその周辺を整備する形を採っているので、全体の統一感を維持し続ける事が重要かと思います。

関連記事
ウォーターフロント

新港西地区波除堤整備工事の制限付一般競争入札が広告される 水域整備の準備段階を進める工事

2023年1月15日
こべるん ~変化していく神戸~
新港第一突堤や新港突堤西地区の再開発が進み、いよいよ第二突堤の再開発も今春から開始される計画です。神戸アリーナの建設と共にニ突堤間の …
ウォーターフロント

改修中のポートタワーを活用したプロジェクトマッピングで神戸港を彩どる 神戸ウォーターフロント アートプロジェクトがスタート

2021年12月17日
こべるん ~変化していく神戸~
リニューアルに向けて改修工事が開始されている神戸ポートタワー。美しいタワーの姿は今後、足場と養生ネットに覆われて、完全に姿を消してしまいます …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です