旧居留地91番

神戸旧居留地91番地新築工事 地中躯体構築工事が大詰め 1階にはカフェの出店を期待したい



来春の完成を目指し、旧居留地内では20年以上ぶりの新規オフィスビル建設・供給となる神戸旧居留地91番地プロジェクトは、鹿島建設の施工で順調に工事が進められています。

(仮称)神戸旧居留地 91 番地プロジェクト



所在地 神戸市中央区江戸町91番地の1
事業者 神戸土地建物株式会社
敷地面積 約1,011m2
建築面積 約811m2
延床面積 約7,760m2
高さ 49.0m
構造 鉄骨造
規模 地上11階 地下1階
用途 事務所 店舗
設計 株式会社安井建築設計事務所
施工 鹿島建設
着工予定 2023年7月1日
竣工予定 2025年4月30日







以前の神戸銀行協会ビルの地中障害物の撤去完了後、長らく基礎工事や地中躯体の構築が行われてきました。



現在も地階の躯体構築が進行中です。地中壁の配筋と型枠組立の上、コンクリート打設が進められています。



既に敷地6割方の躯体構築が完了しているようです。



大手ゼネコンの鹿島建設の施工により、非常に丁寧な工事が行われているという印象を受けます。



地中工事の完了は今月中には完了を迎えるものと思われます。



4月以降にはいよいよ鉄骨建方が開始されるでしょう。基壇部がどっしりとした建物なので、鉄骨建方も見応えのある作業になるのではないかと思われます。

またアールを描く中上層階の南東コーナーの鉄骨梁の形状も見られるのが楽しみです。



物件の公式サイトでは、1階にはカフェの出店も想定されるイメージが公開されています。江戸町筋では他に建設中のWDB三宮ビルの前身だった三共生興スカイビル内のカフェやブティックがビル解体と共に消滅し、賑わいが減退してしまったので、飲食店がこのビルに復活してくれると嬉しい限りです。できればYURTの再出店を期待しています。
関連記事
旧居留地91番

神戸旧居留地 91 番地プロジェクト 江戸町筋で新たなオフィスビル計画が浮上!オフィス新規供給の継続が期待される 2025年4月に完成予定

2022年3月7日
こべるん ~変化していく神戸~
旧居留地の江戸町筋で新たなオフィスビル建設プロジェクトが急浮上しました!江戸町91番地の1には現在、社団法人神戸銀行協会の近代建築「 …
旧居留地91番

(仮称)神戸旧居留地 91 番地プロジェクト 既存ビルの解体が完了間近 神戸のオフィス空室率は京阪神で最低水準に低下

2023年5月24日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸銀行協会ビル跡地に神戸土地建物が計画している新築オフィスプロジェクト。年明けより南北に連なる既存ビル2棟の解体工事が進められてき …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です