旧居留地91番

神戸旧居留地91番地新築工事 遂に鉄骨建方が開始される!タワークレーンも登場!



基礎及び地中躯体の構築工事が続いていた神戸銀行協会ビル跡地で建設中の神戸旧居留地91番地新築工事ですが、遂に次工程へとその歩みを進めました。



鉄骨建方の開始と共にタワークレーンの組み立て作業も開始されました!



フロアクライミング式のタワークレーンが鉄骨の中央部に設置されました。施工を手掛ける鹿島建設のホームページにもタワークレーンに関する解説を公開しています。

https://www.kajima.co.jp/news/digest/jul_2013/feature/question1/index-j.html



鉄骨建方は中央部のまず2層分について組み立てを進めました。



既に外周の一部に足場の組み立ても同時に進行させています。この建設現場は非常に組織化されて丁寧に進められている印象を受けます。



これまでも神戸市内で何度か鹿島建設の施工例を見てきましたが、この現場はこれまで以上に丁寧であり、仮囲いに掲示している作業予定についても計画と内容を詳細に渡って伝えられています。



これから鉄骨が立ち上がっていく様子を確認するのが楽しみです。特にアールのある5階以上の中上層フロアの鉄骨工事は見応えがあるでしょう。

このビルも神戸市のオフィスビル建設促進制度に認定を受けています。神戸経済を勢いづかせる企業の入居が期待されます。

ようやく三宮界隈でも新築オフィスビルを入居の選択肢に入れる事ができる環境が整ってきました。大和神戸ビルの他、年内には更に新築ビルの竣工が予定されています。



同じ江戸町筋を100m下った東側で建設中のWDB三宮ビルは現在、配筋・型枠の基礎工事が進行しています。ほぼ同時期に着工していましたが、こちらの方が敷地・建築面積共に大きいので工期も長く、タワークレーンを要する鉄骨工事の開始は6月頃になるのではないかと推測します。

関連記事
旧居留地91番

(仮称)神戸旧居留地 91 番地プロジェクト 既存ビルの地上躯体解体が完了 いよいよ来月初に着工 テナント誘致のPRも開始

2023年6月9日
こべるん ~変化していく神戸~
来月1日より新築ビルの着工を予定している(仮称)神戸旧居留地91番地プロジェクト。神戸土地建物が、地上11階建てのオフィスビルを計画 …
旧居留地91番

神戸旧居留地 91 番地プロジェクト 江戸町筋で新たなオフィスビル計画が浮上!オフィス新規供給の継続が期待される 2025年4月に完成予定

2022年3月7日
こべるん ~変化していく神戸~
旧居留地の江戸町筋で新たなオフィスビル建設プロジェクトが急浮上しました!江戸町91番地の1には現在、社団法人神戸銀行協会の近代建築「 …
旧居留地91番

(仮称)神戸旧居留地 91 番地プロジェクト 既存ビルの解体が完了間近 神戸のオフィス空室率は京阪神で最低水準に低下

2023年5月24日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸銀行協会ビル跡地に神戸土地建物が計画している新築オフィスプロジェクト。年明けより南北に連なる既存ビル2棟の解体工事が進められてき …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です