須磨水族園

神戸市立須磨海浜公園再整備・SUMA SEASIDE PARKが全面開園!Part1 南側の様子をレポート



6月1日(土)にとうとう須磨海浜公園内に神戸須磨シーワールドや神戸須磨シーワールドホテルがグランドオープンを迎え、PFIを導入した民間資金を活用した須磨海浜公園の再整備が完了を迎えました!



約14ヘクタールに及ぶ一大リゾートパークの整備事業によって市立須磨海浜公園は年間300万人が訪れるシーサイドパークへと変貌を遂げました。



まだ一部には仮囲いが設置されている場所もあります。



須磨ビーチだった砂浜の北側一部が舗装されてこれまで以上に公園らしく整備されました。



芝の張られた広場には御影石のオブジェが設置されています。芝生帯には新たに松の木も植えられています。



また芝生広場にはベンチが置かれ、座っている人々の視線の先は砂浜と海。シーリゾート感がたっぷりです。



振り返ると神戸須磨シーワールドホテル。神戸須磨シーワールドのオフィシャルホテル。全室オーシャンビューのバルコニーを備えたリゾートホテルです。



稼働しているホテルから宿泊客が出入りし、ホテル前の庭ではドルフィンラグーン周りに人だかりができていました。イルカと触れ合っている宿泊客かと思われます。



オルカスタジアムとホテルの間には南北のプロムナードが整備されました。



蛇行するプロムナードの両サイドは園内共通である白の玉砂利に松の並木が連なります。



シーワールドの建物群に沿って東西のプロムナードが上下に2本、整備されています。



プロムナード沿いには膜素材の屋根が付いたパーゴラのある優雅なベンチも整備されました。



プロムナードには開園記念のイベントの一環として、汽車が運行していました。



白砂青松プロムナードは東側の駐車場エリアから西側の松の杜ヴィレッジまでの約800mを結んでいます。



まだ夜間の様子を確認できていませんが、昼夜を問わず散策が楽しめるプロムナードになっているのではないかと思います。



プロムナード沿いに設置された3連ベンチとカウンター。松の杜ヴィレッジのスタバで購入したドリンクをここで楽しむのも一興です。



プロムナードをはじめ、園内各所に園内マップが掲示されています。



少し残念なのは南側のプロムナードが途中からまだ未舗装な点です。砂浜ではありませんが、砂利とコンクリートの中間のような状態で以前のままになっています。



2本のプロムナードの間にある植栽帯には芝が張られる作業がまだ途中になっていました。今後、最後まで仕上げが進む事を期待したいと思います。



プロムナードの先に出現した新たな広場。



水族館棟であるアクアライブの南側に整備されたのが「BE KOBEひろば」。



市内6箇所目となる「BE KOBE」モニュメントが須磨海浜公園に誕生しました。



カラフルはモニュメントはスマスイにあった波の大水槽のアクリルを色付けしてモニュメント内に封じ込めたものです。



夜間にはモニュメント内部の照明が点灯してライトアップされるようです。また夜間の須磨海浜公園の様子もレポートしたいと思います。



ドルフィンスタジアムとアクアライブの間に整備されたもう1本の南北通路がBE KOBEひろばに連絡しています。



アクアライブの南側は松林。置き石の通路もあります。



ドルフィンスタジアムとアクアライブの有料ゾーンは渡り廊下で接続しており、南北通路の上空を通っています。



アクアライブ1階東側には「須磨コレクション」が入場無料で公開されており、開館前には行列ができていました。



須磨海浜公園の再整備に伴って、隣接する須磨ヨットハーバーはこれまでの閉鎖性を改め、公園の一部として、より開放感のある空間へと改造されました。



駐車場とヨットハーバーの間に歩道が整備されました。シーリゾート感が更に高められました。



SUMA SEASIDE PARKは、神戸須磨シーワールドの開業と共に須磨ビーチと松の杜ヴィレッジと合わせ、再整備前とは全く異なる高い集客性と話題性を有したレジャー感満載の海浜公園へと変貌を遂げました。Part2ではシーワールドのエントランスエリアとなる北側の様子をレポートしたいと思います。

関連記事
須磨水族園

須磨海浜水族園・神戸須磨シーワールド 神戸須磨パークス&リゾーツホテルと駐車場棟の建設状況 駐車場棟は竣工/ホテル棟も躯体工事が進む

2023年4月18日
こべるん ~変化していく神戸~
来春の開業まで残すところ1年に迫った神戸須磨シーワールド。敷地内各施設の建設も各々が終盤に入りつつありますが、既に1番乗りを果たす建 …
須磨水族園

須磨海浜公園再整備 にぎわい施設B・C棟には「レッドロブスター」とポトマックの「YURT」が出店 A棟のフロア構成は?

2023年6月12日
こべるん ~変化していく神戸~
今年9月に先行オープンを果たす予定の須磨海浜公園西側エリア。テナントの入るにぎわい施設3棟の開業や広場のリニューアルに向けての再整備 …
須磨水族園

須磨水族園再整備・神戸須磨シーワールドホテル 建物本体部が完成 気になる宿泊料金設定やサービス

2023年11月17日
こべるん ~変化していく神戸~
再整備が完了した暁には、シーパル須磨に代わって、神戸須磨シーワールドや須磨海浜公園、須磨ビーチを訪れる人々の宿泊需要を満たす役割を担 …
須磨水族園

神戸須磨シーワールド・SUMA SEASIDE PARK周辺の夜景 エリアは昼も夜も賑わうエンタメ・レジャーゾーンへと大きく生まれ変わる

2024年6月11日
こべるん ~変化していく神戸~
開業した須磨海浜公園内の神戸須磨シーワールド。オープンから大変な人気で、当日券の発行を制約しているにも関わらず、1日でドルフィンショ …
須磨水族園

須磨海浜水族園・神戸須磨シーワールド 須磨海浜公園再整備工事 施設躯体構築も佳境に入る 須磨・垂水のリゾートラインにはマリンスポーツが必要

2023年4月24日
こべるん ~変化していく神戸~
来春のグランドオープンを予定する神戸須磨シーワールド。須磨海浜水族園の施設跡地に建設されている大型施設群の地上躯体工事が佳境を迎えて …

POSTED COMMENT

  1. sirokuma より:

    初日に行きました。オルカは奇跡のタイミングで良い席で観覧出来ましたが、他は、イルカは満員入場規制で見学できず。また、アクアライブ館も超満員でゆっくり見る事が出来ませんでした。
    レストランブルーオーシャンもすでに満席。ミュージアムショップも超満員の盛況でしたが、なんとか一通り巡りました。
    ただ、行き当たりばったりだと効率よく巡れないので事前の情報収集は必須だと痛感しました。
    海浜沿いを走っていたのはビーチトレインで土日や繁忙期にJR須磨駅からシーワールド間を片道500円で運航しているようです。快速で須磨駅まで行きそこからのんびりこれに乗ってくるのは子供達にも人気になりそうです。遊園地の乗り物と比べても約2Kmほどあると思うのでお得だと思います。

    人込みは苦手ですが、本日のお目当てオルカのショーは素晴らしくこれだけで満足できました。
    でも、次に行くときは平日狙いでアクアライブ館をじっくり楽しみたいと思っています。

    施設周辺部で遅めの食事と思い2号線北側へ渡りましたがこちらは明暗が分かれている感じでした。
    結局、こちら側でも食事をとれず駐車場に引き返し垂水のコナズ珈琲へ行き余韻に浸り帰りました。
    飲食等は、海浜沿いは勿論、2号線の北側エリアへもっと足を運びやすい環境も整えると良いですね。
    今後このエリアから舞子にかけてさらに楽しめるような施設が整備されますから滞在型リゾートとして発展してくれると良いですね。
    夜、2号線から見るホテルのライトアップ素敵ですよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です